ゼロの使い魔〈8〉望郷の小夜曲(セレナーデ)

このページは約 57秒で読めます。

ゼロの使い魔〈8〉望郷の小夜曲(セレナーデ)読了。

くそう、なんだよ、この感動物語は。前巻の引きから上手いこと再開までまとめてきましたね。その中でいろいろと伏線を張ったり回収したりと興味深い事実も明かされているようです。デルフリンガーの心配は、ルイズが才人と再契約をしたときに、ガンダールヴ以外の使い魔の資質が現れるかもしれなかったってことなのかな。名前すら明かされていない使い魔の存在が、今後の大きな脅威となるのやら? 複数の虚無の使い手と使い魔たち。虚無の使い手に使役される使い魔は、異世界から召還される人がなるものなのかな。

ともあれ、離ればなれになっていた間の才人の成長だったり、ルイズの寂寥だったり、相思相愛どころじゃないじゃん、みたいな想いの通じ合いっぷりですが、シエスタも負けじと攻勢をかけるし、新キャラさんもフラグ立ったっぽいし、さらに発展したドタバタも期待したいところ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ゼロの使い魔〈8〉望郷の小夜曲(セレナーデ)

Still quiet here.

Comments are closed.