マテリアルゴースト〈3〉

このページは約 1分37秒で読めます。

マテリアルゴースト 3読了。

ああっ、2巻を読んだときの予想が微妙に当たってる!?

てなわけで、死にたがり主人公、式見蛍の周りには今日もフラグが立ちまくりの女の子揃い。鈴音の姉の天才クールな巫女さん深螺嬢や、実妹・傘も加わって大変なことに。ってこれだけ聞くとハーレムライフな展開を予感しながらも、中盤以降はぐんぐん重くなっていってるしー。

すでに蛍自身で対処できる範囲を超えているような気がしますが、今回の騒動を通して、無気力から少しだけれど生への渇望を得るというところまで前向きになってきたあたりが成長といってもいいのかもしれません。

ほのぼのコメディサイドから、シリアスサイドへの急転直下さは今回かなり見事だったかな。傘の件についてはやられた感があったし、その後の蛍が追いつめられていく過程も、世界への絶望も、辛いやら切ないやら。だからこそ、彼の決断に拍手喝采なのですね。まぁ、深螺の冷酷になりきれない部分や、傘へのフォローなど、どん底にまで落としきれない良心が見えたりしますが、実はこれも次巻以降待つ、さらなる泥沼への伏線だとしたら平伏しますよ。

エピローグでラスボスっぽいのが出てきましたが、どう考えても最強・最凶・最狂なこの人物を相手にどんな足掻きができるのやら。そして、一気に株を落とされた深螺、哀れ。

しかし、物語の流れはかなり楽しくなってきたけれど、言葉の選択のセンスが私の趣味と合わないなぁ。デフォルトとか。文意は合ってるけど、この会話で使うかー、とか思ってしまった。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to マテリアルゴースト〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.