吉永さん家のガーゴイル

このページは約 40秒で読めます。

吉永さん家のガーゴイル

読了。

既刊読破の道のりは長いがまずは第一歩。そして、素晴らしい内容だだだ。こういうハートフルなストーリーはめっちゃツボなので、閾値下がりまくりの琴線触れまくりデスよ!? 小エピソードの積み重ねで、ガーゴイルと吉永家の家人との距離の詰め方とか、周囲の住人との交流とか。隣のおばあちゃんとガーゴイルとのエピソードとかかなり良いです。もちろん、その後のエイバリー少尉の献身と忠信と芳信のお話も。

お気楽にほのぼのできるストーリーでいきそうだし、何気にしっかり感度させてくれるしで、物語の出だしとしては上々。先が楽しみですな。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 吉永さん家のガーゴイル

Still quiet here.

Comments are closed.