レゾナンス 1.夕色の墜落

このページは約 50秒で読めます。

レゾナンス 1.夕色の墜落

読了。

スタンダードな学園異能ものという印象。世界設定に、レジンキャストミルクの雰囲気を、ストーリー運びやオチの悲劇さに断章のグリムの雰囲気を感じてしまい、新鮮さという部分ではあまり満足度は高くないでしょうか。もっとも、その2作品も突き抜けて独創的というわけでもなく、あくまで作品の雰囲気が連想されたというレベルなので人によってはそんな風には感じないのかも。

MPという超常の力と折り合いを付けつつ、壊れゆく自我にしがみつく主人公とか、救われない終わり方とか、作品の方向性としてかなり破滅的な匂いを感じます。保護者役の蓉子との腹の探り合いのような擬似家族生活の危うさも相まって、深也の先行きは明るくないんだろうなとか、憂鬱な想像が働いてしまいます。

スポンサーリンク

One Trackback to レゾナンス 1.夕色の墜落

ライトノベルっていいね
ライトノベルっていいね 2006年11月12日 at 9:19:17

レゾナンス 1.夕色の墜落…

レゾナンス 1.夕色の墜落

著者 山原ユキ
イラスト 矢野口君
レーベル 角川スニーカー文庫

 重い。

 人気blogランキングへ ← よ (more…)

0 Responses to レゾナンス 1.夕色の墜落