暗闇にヤギを探して

このページは約 1分1秒で読めます。

暗闇にヤギを探して

読了。

冒頭で感じたちょっと不思議な女の子との交流という雰囲気と、終盤で感じたシリアスさのギャップがかなり大きい作品でした。

いや、正直、先輩と、主人公と、幼なじみの三角関係を中心にしたラブコメだと思っていたら、何、このヘヴィな展開は。そして微妙に落ちていないし。

どうも中盤から雰囲気が変わりだして、先輩を救うために主人公が奔走するのですが、結局それも根本的には叶わずに、中途でエピローグを迎えてしまった感じ。ページ数が足りないのか、狙ってやったのかが判断尽きかねるけど、描写不足に感じられたのは確かですね。もう少し先輩が報われる結末でも良かったんじゃないかな。それまでに張られてきた伏線の多くが回収されてないような気がしますし。

あとは、幼なじみの風子の扱いがあんまりなのに絶望。着ぐるみキャラでツンデレで、らぶらぶ光線出してるのに、なんでこんな端役な印象になってしまうのか!!

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 暗闇にヤギを探して

Still quiet here.

Comments are closed.