ドリームノッカー―チョコの奇妙な文化祭

このページは約 1分19秒で読めます。

ドリームノッカー―チョコの奇妙な文化祭

読了。

虚実入り交じった世界で物語が進行していくので、ともすると今描かれている世界がどちらなのか分かりづらくなるという不満はありましたが、謎解きに謎解きを重ねて、真実が明かされるまでの過程はなかなか楽しめました。もともと、御影の名前は、水夏で知ったので、あのゲームをプレーした人なら、この作品の展開自体もそれなりに想像付くのかも。まぁ、それでも、終盤の展開とかけっこぞくぞくと来るものがありました。ミステリでファンタジーで、オチがかなり投げっぱなしな感じもしますが、おとぎ話と考えるなら、その後の展開もきっと幸せがあるだろうと予感させられるラストは結構好み。

そこかしこに百合ぃな描写があったりしますが、ヒロインのチョコはノーマルに不健全(笑)なので、深みにはまるというよりは美しきかな友情といった風情。何気ない日常でのスキンシップとかの方が、秘めた慕情が現れてたりして、微笑ましいやら報われない現実が切ないやら。

物語の中と外で、また別の物語が展開するという構成的にも凝ってて、なかなか良品と思うのですが、それが高じて少々読みづらいといったところが難ありですかね。あと、カラーの口絵はきれいなんだけど、挿絵が微妙なのが惜しい。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ドリームノッカー―チョコの奇妙な文化祭

Still quiet here.

Comments are closed.