吉永さん家のガーゴイル〈8〉

このページは約 46秒で読めます。

吉永さん家のガーゴイル(8)

読了。

双葉の成長を描くという本筋があるなかで、小粋なエピソードを絡めてきっちりといい話にまとめてる手腕は健在。今回はキャラがやたら多く出てきたり、良く分からん展開だったけど、双葉の情操教育としては夏の良い思い出だったのかな。

佐々尾さん家のおばあさんとジーサンのわだかまりの払拭もテーマの一つとして描くのはともかく、マレスケ中将の存在がよく分からない。なんであんなに偉そうなんだろう。エイバリー中尉も昇進したりしたけど、マレスケ中将の階級は誰が与えたのやら。ジーサンなんだろうけど。

ちょっと、これまでのエピソードに比べると、はっちゃけ具合もしんみり具合も中途半端な感じだったかな。次巻に期待。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 吉永さん家のガーゴイル〈8〉

Still quiet here.

Comments are closed.