吉永さん家のガーゴイル〈10〉

このページは約 58秒で読めます。

吉永さん家のガーゴイル10

読了。

微妙に後味の悪い終わり方だなぁ。ガーゴイルの復活のくだりは、べたべたな展開ながらもクるものがあったり、そのまま終わってくれれば良かったのになぁ。喜一郎に力を与えた黒幕の存在は不明なれど、何か知らないところで暗躍していたものの影があったことは確かで、それが現代にまで尾を引いているのが今回明かされたわけですが、それがまた物語に関わってくるのかなぁ。

そういう重い話はおいておいて、ほのぼのは話が読みたいんだけど。

いつかどこかの段階で、喜一郎と兎轉舎のお姉さんの和解が見られれば、それはそれで満足ではありますが。

あと、前巻と今巻でケルプをかなり見直しましたね。イヤミな口調はともかく、ガーゴイルの陰に隠れながらも、自分の信念を貫いて実現してみせたのは、拍手です。なんか割に合わない役が多かったけれど、ここにきて報われたって感じですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 吉永さん家のガーゴイル〈10〉

Still quiet here.

Comments are closed.