ガーゴイルおるたなてぃぶ

このページは約 1分13秒で読めます。

ガーゴイルおるたなてぃぶ

読了。

『吉永さん家のガーゴイル』からのスピンオフシリーズになるのかな。御色町の本家ガーゴイルとは別の、ガーゴイルの物語。

少年漫画的な展開を盛り込んでいるということで、ハートフルと銘打ったシリーズとは別の熱い物語が展開するかと思いきや。ん~、煮え切らないかな。主人公のひかるとガー助の関係と、二人が目指すものというのは理解できるけれど、根底にある古科学への怨恨がどうにも『吉永さん家のガーゴイル』を知っていると割り切って読めない。あちらで喜一郎が錬金術師を憎むように、本作ではひかるが古科学者を憎むという。どちらもその根源が私怨──大切な人を守れなかった、傷つけられた──であるために、この二つに関わるものたち同士の和解があり得るのかどうか、先行きが不安になってしまう感じですね。

世界を共通にしているために、あちらの作品に出ていたヒッシャムやら東宮天祢やらも登場して、なじみ深さも相まってこちらのキャラへの愛着を邪魔しているような。シリーズが進めば気にならなくなるんだろうけれど、なかなか割り切って受け止めるには、本家ガーゴイルの世界は暖かすぎるのですよ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ガーゴイルおるたなてぃぶ

Still quiet here.

Comments are closed.