ぼくと魔女式アポカリプス〈2〉Cradle Elves Type

このページは約 1分24秒で読めます。

ぼくと魔女式アポカリプス〈2〉読了。

前巻の傷みがそのままフラッシュバックですよ。この救いのない展開。エピローグで残された希望の小ささにそれこそ絶望しそうになります。きっと最後にはハッピーエンド、そんな予想はエルフ・レンテンシアの生き様を見てしまうと、あり得ないんじゃないかとも。こういう破滅的で刹那的で狂的なストーリーなのに、根底にある「誰かを喪うこと」への恐れの生々しさの描写が怖いくらいに琴線に響く響く。当たり前のように殺し殺される世界の中で、亡くしてしまった誰かを忘れることを「逃避」と断じ、思い出すことで自らの贖罪にしようとする澪の生き方がどうしようもなく不器用で、けれど彼自身の誇りを感じさせます。

澪に与えられた力が、ものを祝福することで力を与える祝福魔術なのに、それを用いて他者を殺めるしか選択できない皮肉。そして、自分自身は対極である呪いを甘んじて受け入れようとする心の在り様と、澪自身の未来にも救いがなさそうなのが果てしなく不安です。彼が真に悩み抜いて出した結論の果ての選択はいったいどんなものになるのやら……。

次巻が出るかどうかが売れ行き次第という感じなのが非常に不安ですが、これはぜひとも売れてくれて、続巻に期待したいですね。

それと、藤原々々の絵は、かにしのに続いてだけど、こういうダークな絵も素晴らしい。

スポンサーリンク

One Trackback to ぼくと魔女式アポカリプス〈2〉Cradle Elves Type

ライトノベルっていいね
ライトノベルっていいね 2007年2月14日 at 19:07:24

ぼくと魔女式アポカリプス 2 Cradle Elves Ty…

ぼくと魔女式アポカリプス 2 Cradle Elves Type

著者 水瀬葉月
イラスト 藤原々々
レーベル 電撃文庫

 随分待ったなぁ。
(more…)

0 Responses to ぼくと魔女式アポカリプス〈2〉Cradle Elves Type