E.a.G.

このページは約 1分3秒で読めます。

E.a.G.読了。

我が家のお稲荷さま。』とは大きく雰囲気の変わった、あるいは、ライトノベルらしい作風の作品。もっとも、今後の展開を見据えてなのか、作中にて設定が語られることがほとんどないので、様々な造語の意味を想像するしかないのが非常にやきもき。そもそもタイトルの意味がどこから来てるのかがイマイチピンと来ないので……。読み込みが浅いのかな。

殺伐とした世界、主人公からして、その経歴が救いもなく、現実に溺れてるような感じで。またヒロインのキアラも出番自体が最初と最後という感じで、ふたりの関係の微妙さとか、この先の発展とか、そういった部分の描写より、バトル分の描写に力が入っている印象。そういう方面への挑戦なのか。

既存のシリーズも放置せずに、新シリーズとして並行して進んでいくのなら重畳。氏の描く世界の優しさは好きだったけど、こういう殺伐とした世界もなかなか。でも、何か突き抜けて印象に残るという部分がないのは、やは物足りないかな。

スポンサーリンク

One Trackback to E.a.G.

booklines.net
booklines.net 2007年3月5日 at 8:54:54

[柴村仁] E.a.G….

ゴドーの住んでいる地区は、決して治安はよくない。お嬢様学校の制服を着たキアラがくれば、目立つのは当たり前だ。あいつはこんな場所に来ちゃいけないと、つい突き放したものの心 (more…)

0 Responses to E.a.G.