シャギードッグ 天使の序章

このページは約 1分28秒で読めます。

シャギードッグ 天使の序章読了。

イラストが『され竜』の宮城氏だったので表紙買い。そして面白かった。雰囲気的には『紅』+『され竜』な感じだったけれど、それに加えて、さらにサイバーなSF風味が加算されていて独特の味わい。や、でも、世界観の説明がかなり不足しているので、用語とか、社会とか文化とか、その辺の理解が中途半端な感じがしますが、続刊のようなので、今後おいおい語られていくのでしょう*1。なかなかチャレンジャーな感じもしますが……。

構成的には中盤~終盤にかけての、主人公・大介とパワーローダー〈猿人〉とのバトルが、肉弾戦でいい感じ。盛り上がりもここが最高潮で、その後のラストバトルの対三月ウサギ戦は、抽象的で、観念的なせいかビジュアルが浮かばずに想像に難儀しました。イメージの戦闘よりも、やはり燃えるのはガチンコバトルってことで。

ヒロイン(?)オズも重要な役所のはずなのにエピローグではう~んなオチだし、明かされない伏線が多数あるので、続きに期待ですね。オズと対照的な、まりんのキャラクターは非常によろしかったですね。サブキャラの桂翁や対異能部署のおねーさんも良いキャラしてますし。
そして腹に一物ありそうな戸樫の真意と〈幽霊〉の正体と、光の当たらない部分がこれからどう明かされていくのでしょうか。

  1. と思ったら、PV公開されてやんの。これ見ておけば特徴的な用語は分かるか。 []
スポンサーリンク

One Trackback to シャギードッグ 天使の序章

booklines.net
booklines.net 2007年3月14日 at 8:51:01

[七尾あきら] シャギードッグ 天使の序章…

大介が彼女に出会ったのは、遊園地の人ごみの中だった。ものすごい美人なのに、誰一人彼女を見ていない。それどころか、自殺した男に拳銃を渡したころすら、誰も認識していないのだ (more…)

0 Responses to シャギードッグ 天使の序章