天空のアルカミレス〈4〉 カストラの虜囚

このページは約 1分5秒で読めます。

天空のアルカミレス〈4〉 カストラの虜囚読了。

日向子と礼菜との三角関係は一応の決着? テリオン化した礼菜の凶行が! と帯で煽っておきながら、意外にあっさりと決着してしまったのが盛り上がりに欠ける要因かなぁ。ヒロインズの内面の機微の描写な、何気ないセリフの一言とか、ツボを突く部分はあるんだけれど。

作品の方向性としてのバトル方面の展開が、毎度、拓也の成長よりもテリオンからの刺客のインフレの方が大きすぎるがゆえに、「ピンチ→覚醒・謎パワーで一撃で決着」なパターンになってしまってるのが盛り上がりに欠ける原因なのかも。テリオンの大幹部も割とあっさり撃退したし、残る大ボス・ルスランはエピローグでこれまた圧倒的な大破壊を演出してしまったりと、真っ向勝負で勝ち目はまずなさそうに思えるんですが……。

次巻で完結ということで、今度こそクライマックスらしい熱い展開になってほしいなあ。
恋バナ方面では、ほぼカタが付いてる感じだけど、1巻のような微妙な三角関係が続く日常エンドも捨てがたい気ががが。

スポンサーリンク

One Trackback to 天空のアルカミレス〈4〉 カストラの虜囚

ライトノベルっていいね
ライトノベルっていいね 2007年4月3日 at 19:23:54

天空のアルカミレス 4 カストラの虜囚…

天空のアルカミレス 4 カストラの虜囚

著者 三上延
イラスト 純珪一
レーベル 電撃文庫

 ダブルヒロイン激突。

 人気blogランキン (more…)

0 Responses to 天空のアルカミレス〈4〉 カストラの虜囚