セカイのスキマ 〈3〉

このページは約 58秒で読めます。

セカイのスキマ 3 (3)読了。

「神隠し」をテーマにしてしまうと、どうにも『Missing』シリーズを連想してしまうなあ。あちらとはまた違う切り口で、伝承路線やら、現実的な解釈やらをしてくれていますが。

で、どうやら今回で一区切り。続きの期待は持てないのかなあ? 打ち切りではなさそうなので、結局は作者しだいな部分が大きそう。

物語の結末としては、切ない部分が大きくて、痛々しいのですが、主人公の哲がどうにも好きになれないキャラだったので、客観的に見て悲劇という判断になってしまうのがもったいない。というか、彼のストイックさと、みこの引っ込み思案さが相まって、ほとんど進展がなかったのがラブ方面でほぼ壊滅的だった理由ではないのかな、と?

まぁ、日常の掛け合いとかは結構好きだったりしたので、前半と後半の展開のギャップが大きくて乗り切れなかったのかなあというシリーズでしたね。

スポンサーリンク

One Trackback to セカイのスキマ 〈3〉

booklines.net
booklines.net 2007年4月16日 at 12:59:47

[田代裕彦] セカイのスキマ 3…

学校が主催する部活動によるボランティア活動に「四つ辻の会」も参加することとなり、哲たちは、夏休みを利用して、伊豆の山林に一週間ほど泊り込むことになった。現地からもお手伝 (more…)

0 Responses to セカイのスキマ 〈3〉