ムシウタbug 5th. 夢まどろむ迷子

このページは約 44秒で読めます。

ムシウタbug 5th. 読了。

ストーリーの中心人物と思われていた摩理すらも、“虫”に利用されていたという事実。書き下ろしの短編では、これまでは亜梨子の体を乗っ取ろうとしている悪的な立場かと思われていた彼女の弱さや儚い希望、そして夢などが、別の側面から語られてきました。

物語的にも、亜梨子の考える虫憑きらの、新しい関係の築き方の構想を語ったりと、今後の展開に大きな影響を及ぼしそうなエピソードがあったりと、そろそろ転換の時期なのかな?
しかし、現在の物語を綴っている本編が、そんな願いや夢の実現がなされていないことを語っているわけで、bugのストーリーがどういう風に決着するのか、非常に不安が募ります。

スポンサーリンク

2 Trackbacks to ムシウタbug 5th. 夢まどろむ迷子

booklines.net
booklines.net 2007年5月16日 at 8:48:45

[岩井恭平] ムシウタbug 5th.夢まどろむ迷子…

特環から〝かなかな〟こと宇野ノイルが派遣されてきた。亜梨子の〝槍型〟の号指定を監査するために。特に危険がないのならと許諾したが、先日の事件が、抜けない棘となって胸に突き (more…)

愛があるから辛口批評!
愛があるから辛口批評! 2007年5月19日 at 19:41:20

ムシウタbug 5th. 夢まどろむ迷子…

ムシウタbug 5th. (5) 作者: 岩井恭平 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/04 メディア: 文庫 「うわ、だいぶ短編集も核心をついてきたな (more…)

0 Responses to ムシウタbug 5th. 夢まどろむ迷子