恋姫~彼女はヴァンパイア!

このページは約 2分20秒で読めます。

stars 吸血鬼な彼女の下僕生活も悪くない!?

これはまた、ジュブナイルポルノにしては珍しく日常シーンをはじめとしたストーリー進行に必要なシーンをしっかりと描いた作品ですね。ライトノベル色がかなり強いという感想を見ていましたが、なるほど、納得。

ひょんな事から巡り会ってしまった主人公・優志と、吸血鬼の少女・真鈴のちょっと奇妙な主従関係と恋愛模様。周囲の生温かい(笑)応援とか、新聞部によるスキャンダルとか、ちょっとした事件を交えつつ、実に真っ直ぐに恋愛してますねえ。出会い方とか、最初の関係の築き方とか、なかかなに個性的ではありますが、真鈴の強情さゆえの素直になれない気持ちの描写とかが良い感じ。自分に自信が持てなくて、優志の気持ちを確かめることを躊躇ったり、逆に彼の煮え切らない態度に歯がみしたりと、表情豊かに物語に花を添えてます。

作品の性質的にぇちなシーンもしっかりとありますが、思ったより少ないなあという印象が強いですね。シチュエーション自体は一通りある感じですが、本作の場合はやはり日常の描写がかなりしっかりしているので、バランス的には1:1に近いのかもしれません。
まぁ、真鈴が吸血鬼だったりするので、優志の血を吸いながらいたしたりするのはぇちいですな。純粋な交合と違って、吸血って行為自体がそれこそ魂まで奪われそうな背徳的な雰囲気いっぱいでそりゃもう萌えます。
そして、普段は主人然として優志を尻に敷く真鈴の、蕩けそうな変化もまた良し。快楽に呑まれて、呂律が回らなくなったりして大変な状態になったりと、そのギャップだけでもなかなかのもの。

そしてしっかりと話をまとめてくれてるし。ただ単にぇちいシーンをばらばらに繋げたような作品ではなく、互いへの想いが深まるにつれてラブ分が増えるは、バカップル度は上がるわと、なんともこっ恥ずかしくも萌え分の高い一作。
爽やかすぎるエピローグを見てしまうと、ホント、この作品、出すレーベル間違えたんじゃないかと思ってしまいます。いや、普通に面白いですよ、これは。

hReview by ゆーいち , 2007/05/31

恋姫~彼女はヴァンパイア!

恋姫~彼女はヴァンパイア!
青橋 由高
フランス書院 2007-05
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 恋姫~彼女はヴァンパイア!

Still quiet here.

One Response to 恋姫~彼女はヴァンパイア!

  1. このたびは私の作品を取り上げていただきましてありがとうございました。
    少しでも楽しんでいただけたのなら望外の喜びです。

    これからも頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。