純情感情エイリアン〈1〉 地球防衛部と僕と桃先輩

このページは約 1分46秒で読めます。

stars エイリアン 地球のために戦ってます?

妙な噂のある高校の部活、地球防衛部に入部した主人公・赤城雄太の目的は、超絶美少女の桃先輩。もっとも、雄太自身も幼い頃に何やら訳ありで記憶が飛んでいたことがあり、そこを見初められて無事入部。そこから地球の平和を守るという、奇妙な部活動が始まって……。

突拍子もない設定と、愉快なメンバーで一気に突っ走るような展開。転校してきた怪しげな美少女は、何やらメンバーを集めて変な儀式をするわ、地球防衛部は OB の面々とスケールの大きな交流会をするわ、人類を脅かすエイリアンが当たり前のように襲いかかってくるわ。

雄太の一人称で進む物語は、ですます調と、妙に乱暴な言葉遣いが混じったりして、どうにも違和感を覚えますが、内心で桃先輩にでれでれしたり、良い雰囲気になったら暴走しかけたり、とビバ青春な雰囲気は感じますね。桃先輩とのやりとりとか、こっ恥ずかしいシーンも多くて、そういう部分はなかなかにやけさせられます。周りの応援を追い風に、凛々しくもその実とてもか弱い感じの桃先輩を叱咤したり支えたりと、珍しくオトコノコ頑張ってますね。

タイトルにもなってるエイリアンの描写はなんというか、独特。実際、絵面的には非常に気持ち悪いシーンで、挿絵もそこは避けてるような(笑) ギャグで書いてるのか本気で書いてるのか分からないんですが、人面な昆虫ってのは、かなり恐ろしい感じが。そして、卵管はないよなあ……。卵管は。

hReview by ゆーいち , 2007/06/27

純情感情エイリアン〈1〉 地球防衛部と僕と桃先輩

純情感情エイリアン (1) 地球防衛部と僕と桃先輩
こばやし ゆうき
角川書店 2006-07-29
スポンサーリンク

One Trackback to 純情感情エイリアン〈1〉 地球防衛部と僕と桃先輩

booklines.net
booklines.net 2007年6月28日 at 8:46:18

[こばやしゆうき] 純情感情エイリアン 1 地球防衛部と僕と桃先輩…

僕は運命に出会ったんだ。彼女は僕的に完全無欠の美少女だった。 たとえ怪しいことをやっていたとしてもかまわない。どんなハードな内容でも乗り越えられる。 そして、僕は彼女がい…

0 Responses to 純情感情エイリアン〈1〉 地球防衛部と僕と桃先輩