108年目の初恋。〈2〉

このページは約 1分49秒で読めます。

stars はじめてのケンカ はじめての仲直り

紆余曲折の末、再会を果たしたコウと新。恋に恋する夢見がちなコウと、そんな彼女に真っ直ぐに向き合う新の、初めてのすれ違い。

大なり小なり互いにため込んでいた部分を吐き出して、雨降って地固まるの定番の展開ですが、コウが人間ではないという事実から来る感覚の違いや、少しずつ生まれてきた少女らしい感情の描写などは相変わらず丁寧。まぁ、新のぶっきらぼうさとか、コウの自虐癖とか、端から見ると非常に不愉快なやりとりもあったりしますが、まぁ、この作品の味ということなのかなあ。

平行して新キャラ・サンゴ投入もお約束だけど、場を引っかき回すだけ引っかき回して、ひたすらはた迷惑な役回りだったのはどうなんだろうなあ。彼女の過去とかは、これからコウが向かい合うべき近い未来の可能性の一つであり、それを示唆し、諭し、覚悟させるというならここまで天の邪鬼な性格じゃなくても。なんというか、リアン先輩をコスプレさせたり、セクハラシーンを描いたりするための要因的な側面も感じてしまったなあ。

そういう二面からストーリーを進めたせいなのかやや冗長感が残りました。構成的にはケンカと仲直りの部分をメインにして、人と付喪神の間に生まれる悲恋とかそういう話は、シリーズ化されるのなら別に1エピソードを使って語った方が私は好みだったかも。

作品的には1巻で綺麗に完結してるので、こういう引き延ばしは蛇足っぽくて、今後巻を重ねるほどボロが出てきそうで不安でもあるんですよねえ。

hReview by ゆーいち , 2007/07/07

108年目の初恋。〈2〉

108年目の初恋。2
末永 外徒 とりしも
エンターブレイン 2007-06-30
スポンサーリンク

One Trackback to 108年目の初恋。〈2〉

booklines.net
booklines.net 2007年7月8日 at 8:36:26

[末永外徒] 108年目の初恋。2…

待ちに待った初デート。といっても、場所はいつものように私の中だけど。ただ、期待と違って、ちっとも盛り上がらない。沈黙が訪れるとすっごい焦ってしまうし、ついつい要らぬこと…

0 Responses to 108年目の初恋。〈2〉