ぼくのご主人様!?

このページは約 1分30秒で読めます。

stars 萌えを期待すると肩すかし?

幼なじみのまあちゃんこと麻琴嬢を、女たらしの毒牙から救おうと奮迅しようとした直後に石段から転げ落ち、目が覚めると吉香という女性になっていた主人公・吉朗。自分の世界へと戻る手段も見つからないまま、メイドとしての生活を余儀なくされる中、けれど、吉香の主人は麻琴の面影を強く感じさせる真琴という男性で……。

恋愛要素は吉朗と麻琴という、本来の世界のふたりの間に生まれるべきもので、飛ばされてきた世界では、状況を打開するために真琴に尽力するという展開が大部分なので、ラブ分少なめ。吉朗が吉香として懸想する相手が、男性なので、これまた感情移入しづらいという点もありますが。

正直、表紙絵からすると、女性になってしまった主人公が四苦八苦しながら嬉し恥ずかし女の子ライフを送るという展開を想像してしまいましたが、中身は反してシリアス一辺倒だったなあ。華族という旧態依然な制度が残った別世界での、身分違いの恋に苦しんだり、望まぬ政略婚だとか、なかなかに重い内容。

その割に、ラストがあっさりめだったので、本人たちはともかく、もう一人の自分たちの先行きとかがほとんど語られていない辺りが残念。続刊ではその辺も語られたりするのかな?

hReview by ゆーいち , 2007/07/13

ぼくのご主人様!?

ぼくのご主人様!?
鷹野 祐希 和泉 つばす
富士見書房 2006-01-07
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ぼくのご主人様!?

Still quiet here.

Comments are closed.