ラブ★ゆう〈1〉

このページは約 1分46秒で読めます。

stars 最強レベルの勇者はかしこさ40!

主人公・俊の目の前に、TVの中から現れたのは国民的 RPG 『ドラゴンブレスIII』の主人公、姫勇者・ロザリー。空想することができなかった俊が束の間に思い描いた夢は現実に、けれど、ロザリーのかしこさは40で、ことあるごとにトラブルを巻き起こして……。

パロディ色が強いので、真面目に深読みするのではなくて、元ネタを考えながら読んでしまいました。題材にしてるのがそれこそ国民的 RPG の某 DQ だし、なんかやたらと 2ch 語が出たりするし、この気の抜けたノリは肩が凝らなくて良いですね。その分あっさりと読み終わってしまうのですが。

主人公が、常識外れな行動を取るヒロインに振り回されたり、各章の導入部分の一人語りが、ドクロちゃんを彷彿とさせますが、あそこまでとんがったキャラは出てこなくて、むしろ逆。いろいろと空気は読めないけれども、純粋で善意の固まりのようなロザリー、最強お姉ちゃんなみこと、絵に描いたようなツンデレな撫子、とまあ、揃いも揃って記号化され尽くしたようなキャラばかり。そんな連中が集まってドタバタやればそりゃ賑やかなことこの上なし。本筋は、俊とロザリーのちょっとずれた恋愛模様とは思いますが、サブキャラたちの活躍も、なかなかに楽しいものがありました。

ラストはほんのちょっとだけシリアスに、微妙に伏線も匂わせたりしてますが、いや、単純明快にゲームキャラが現実に現れたらという、そのギャップを楽しめばよいのではないかなあと。

hReview by ゆーいち , 2007/07/13

ラブ★ゆう〈1〉

ラブ★ゆう〈1〉
七月 隆文
集英社 2006-10
スポンサーリンク

2 Trackbacks to ラブ★ゆう〈1〉

Alles ist im Wandel
Alles ist im Wandel 2007年7月14日 at 2:17:24

ラブ★ゆう…

ラブ★ゆうposted with 簡単リンクくん at 2007. 2.24七月 隆文〔著〕集英社 (2006.10)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 二巻買ったけどそういやまだ一巻読ん…

booklines.net
booklines.net 2007年7月14日 at 8:16:34

[七月隆文] ラブ★ゆう…

ゲーム内のヒロインである勇者ロザリーが現実にいたらなあ、と俊が空想したとたんに、画面からロザリーが抜け出してきた。しかも、俊をゲーム内で登場する竜神精のシュンと勘違いし…

0 Responses to ラブ★ゆう〈1〉