魔女よ蜜なき天火に眠れ──夜想譚グリモアリス 3

このページは約 2分43秒で読めます。

stars バレンタイン チョコレート お菓子の家 そして惨劇のお味はいかが?

バレンタインの日、自宅にて祈祝とチョコレート作りに興じる誓護のもとにアコニットが訪れる。その日、とあるイベントが開かれ、そこで食べられる特別なトリュフをご所望とのこと。姫のご意向に沿って、祈祝も含めた3人で向かったその場所は、年々行方不明者が出るという不穏な噂が流れていた。

異界の勢力争いや、アコニットが背負うアネモネの凋落の原因となったとおぼしき人物の登場など、地上と異界のそれぞれで繰り広げられるスケールの大きなお話になってきましたね。そして、アコニットの可愛さも右肩上がり。人界のスイーツの美味しさに魂まで奪われてしまったかのような彼女の恍惚とした表情やら、バレンタインイベントにかける意気込みなど、これまでのプライドの高い高貴さとは別の、少女らしい側面が少しずつ誓護にも見せてくれるようになってきた感じ。信頼の証と取るに十分なものですね。

不穏な噂が流れる舞台では、当然のように誓護は事件に無理矢理巻き込まれ、祈祝が人質に取られてしまうという彼にとっては最悪の事態で、けれどそこで真価を発揮するのが誓護のスゴいところ。場所を同じくしてアコネットの身に起こったトラブルも抱え、2重の責任に縛られながらも、しっかりと乗り切ってみせる辺りが彼の真骨頂ですね。

今後の展開に大きな影響を及ぼしそうな人物も複数登場し、異界における支配者層・麗王六花内の、未だ見えぬ思惑のうごめきも感じます。新キャラ・リヤナは誓護の言葉に心揺らされ、彼女なりの決意を持って退きましたが、囚われの身となっている鈴蘭を口説こうとした勢力の一派である以上、またアコネットと誓護の前に現れる日がきっと来そう。誓護に抱いた彼女の気持ちが本物かどうか、アコネットとの間に別の火種が燻っていますが、そこはそれ、上手いこと盛り上がってくれるでしょう。

そして、エピローグはとても良かった。事件が解決し、再び自らの世界に帰る前に、アコネット手ずから渡されたチョコレートと、問いかけの言葉。彼女の毅然とした態度とはちょっと違った口調と上目遣いな仕草は反則的。イラストと相まって、大変可愛らしく見えますこと見えますこと。どんどん可愛くなって行っている、アコネットと誓護の恋愛以前にも見える幼い想いの発展にも期待です。

hReview by ゆーいち , 2008/01/06

スポンサーリンク

One Trackback to 魔女よ蜜なき天火に眠れ──夜想譚グリモアリス 3

booklines.net
booklines.net 2008年1月7日 at 17:17:46

[海冬レイジ] 魔女よ蜜なき天火に眠れ 夜想譚グリモアリス 3

いのりと一緒にバレンタインデーのチョコレートを作っていたとき、アコニットがやってきた。どうやら彼女は、人界のお菓子が気に入ったようで、近所の製菓工場のバレンタインイベン…

0 Responses to 魔女よ蜜なき天火に眠れ──夜想譚グリモアリス 3