ライタークロイス

このページは約 2分13秒で読めます。

stars 騎士への「成り上がり」を目指す少年の物語

聖獣を駆り魔物と戦う騎士にあこがれる少年・カイン。年に一度の騎士登用試験を順調に突破し、最終試験のために帝都を訪れた彼に待っていたのは、予想もしなかったトラブルの連続。下宿を頼りにした師の友人邸は借金の抵当に入れられるわ、スリに有り金全部盗られるわ。軽そうな男・レイクやおかしな話し方をする少女・アルファらと知り合えたのは良いけれど、試験開始までの帝都での生活は前途多難……。

幼い頃に見た騎士の姿にあこがれ、いつか自分もという夢を持ったカインが、難関の騎士登用試験突破を目指す物語。田舎もの丸出しで帝都を訪れ、物珍しさに油断していたそばからの災難の連続。本来なら、試験に備えたラストスパートに使うべきはずの時間も、滞在する場所も路銀もない状態では、働いて稼ぐしかなくて。

そんな中で知り合った、アルファやレイクといった同年代の友人や、カインの師を知る猛者・バルトたちとの関わり方が自然で良い感じ。素朴な性格のカインをからかったりしながらも、なんだかんだと気を遣ってくれる彼らを、仲間と信じられるのも当然のこと。

そして、後半は、試験の激しい様子が描かれるのかと思いきや、意外な方向へカインの物語が進んでいきました。カイン自身の夢の実現よりも、自分の中にある信念を選択した彼のまっすぐさは、毒舌で気むずかしい感じのアルファの心もしっかりと掴んで見せた?

世界全体を取り巻く状況と、大国間の関係が微妙なバランスでひしめき合う世界観。カインたちが住まう一国だけの問題ではなく、隣国との緊張感もにおわせて、続いていくようなここで完結してもきれいなような。と思って調べたら、続刊出てますね。

助け合った仲のカインと侍女・イングリドの関係も気になるし、そもそもカインの夢が実現するのかも気になります。その行方を確かめるためにも次巻も読まねばなりますまい。

hReview by ゆーいち , 2008/01/30

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ライタークロイス

Still quiet here.

Comments are closed.