ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド

このページは約 1分58秒で読めます。

stars ピラミッドが創られた本当の理由ていうの、知ってる?

大学入学を前に手持ちぶさたな休暇を過ごしている睦美と時枝はお茶をしながら雑談に興じていた。時枝が趣味で撮っている写真のひとつに映っていた奇妙な影を、街で噂になっているブギーポップと推測する。そして、かつての同級生・幹也と偶然再会し、三人連れだって写真の場所へ向かう道中、彼らは統和機構の逃亡者・ダウン・ロデオと、その抹殺の任に付いていたメロー・イエローとの戦いに遭遇して……。

すでに登場人物が把握しきれず、時系列まで混乱しているので付いていくのが大変なブギーポップシリーズ。今回も一冊で完結している割には、かなり昔のエピソード間に挿入される話っぽくて、懐かしい名前もちらほら。

今回は統和機構側の合成人間が複数登場し、彼らの敵になる MPLS の脅威を彼らの視点から描いて見せてます。そして、世界の敵になれば当然ブギーポップも現れて、その無慈悲さは相変わらず、そして今回の話はそれ以上に過去に終わってしまった出来事の残滓が引き起こしたものであるだけに、取り返しようのない段階から話が始まったことに気付かされるラストが切ないですね。

そして、何気に恋バナ方面が充実。最強のフォルテッシモに憧れるメローは可愛なあ。そして、報われない関係に陥ってしまった睦美や時枝たちの顛末は、誰もが望んでいない最悪に近い終わり方で逆にもの悲しい感じです。

エピローグで、睦美が竹田と再会し、過去の気持ちに折り合いを付けながら交わした会話も、彼女のこのエピソードを通して変わっていた気持ちの内容が窺われて、印象深いものでした。

hReview by ゆーいち , 2008/02/17

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド

Still quiet here.

Comments are closed.