タロットの御主人様。〈3〉

このページは約 1分53秒で読めます。

stars 海だ! 水着だ! ポロリだ! ……ワカメ?

集めたタロットは4枚。「隠者」「節制」「運命の輪」「女教皇」。彼女らと始めた共同生活のひとときの休息として、気分転換がてらの臨海学校へ参加することにする。秋人を巡り火花を散らす、結夏、香澄、籐子。我関せずの美咲。タロット集めそっちのけで、遊んでてもいいのか?

うむ、番外編。冬に海の話はどうかと思うけれど! 相変わらずのサービスサービスな展開で、話はほとんど進んでないけれど、これはこれで……。

タロット探しの息抜きに訪れた臨海学校。秋人と既成事実を作るべく、あれこれ画策する籐子。彼女の思考だだ漏れな独り言とか憎めないキャラなんだけれど、やってることはかなり容赦なくてトンデモなお嬢ですねえ。幼なじみで少なからず想っている結夏もそんなのは面白くないし、少しずつ積極的になる香澄のドリーミングな思考も加速気味。そんな三者の織りなす秋人争奪戦がバカバカしいやら、クラスメイトよろしく「死ねばいいのに」と振り上げた拳をたたきつけたくなったりと、なんともハーレムものの王道な展開。

一応タロット回収話もあるけれど、作中で言われたとおりの微妙なカードで、使いどころに困りそうな設定。まぁ、ハーレム主人公にがつんとやれるキャラなので、そのままなびかずに擦れたキャラで行ってほしいかも。

主人公が振り回されまくって、どう見ても要らない子ですが、いい加減覚悟を決めてあれやこれやを受け入れていってもいいんじゃないんですかね。優柔不断を通り越して、ホント煮え切らないんですががが!

hReview by ゆーいち , 2008/02/23

タロットの御主人様。 3

タロットの御主人様。 3 (3) (電撃文庫 な 11-10)
七飯 宏隆
メディアワークス 2008-02-10

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to タロットの御主人様。〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.