マージナル〈3〉

このページは約 2分3秒で読めます。

stars さあ、始めましょうかッ、境界人間と一線を踏み越えた者との生き残りを賭けた闘争を!

宇佐美との再会をきっかけに蘇った悪夢、過去の父の影に京也は神経をかき乱されていた。そして、新たなる殺人者・クロウメモドキの邸宅に御笠と共に忍び込んだ京也は、間一髪でクロウメモドキの兇刃から逃れることができたが、彼は最後の生贄として宇佐美を選ぶ。〈境界人間〉と〈一線を踏み越えた者〉、似て非なるふたりの決着は、もはや死をもってしかなしえない。

境界に立つ京也の不安定さをクロウメモドキが容赦なく突く、痛みに満ちたエピソードでした。正直、今回の犯人であるクロウメモドキは、小物臭が漂っていて、ここまで苦労する相手かという印象は無きにしもなのですが、なるほど、どうしようもなく狂気に堕ちてしまった人間のあらゆるものを顧みない感覚が、過去を思い出したことによって心身ともに衰弱してしまった京也を上回ったといったところでしょうか。

そして、瀕死の重傷のなかクロウメモドキとの決着を望んだ京也が、最後の最後に自覚した御笠への想いというものも、今の彼という存在を形成してきた、過去の辛い記憶や、それと相反するかのような愛情があるがゆえのものなのでしょう。それは、決して報われることのない、歪んだ、呪われたかのような愛情だとしても、互いがそれを望み、享受しあえるのなら、あるいは正解ではないけれど、間違わない道を選べるのかもしれませんね。

幼なじみだった宇佐美に残した、幼かった京也の言葉は、いつか京谷自身を癒すことができるのでしょうか。

なんだか、これで完結っぽい雰囲気だけれど、まだ続くのかな? 幸せな結末は望むべくもなさそうだけれど、何らかの救いはもたらされてほしいなあ。

hReview by ゆーいち , 2008/04/26

マージナル 3

マージナル 3 (ガガガ文庫 (ガか1-3))
神崎 紫電 kyo
小学館 2008-04-19

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to マージナル〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.