零と羊飼い

このページは約 1分27秒で読めます。

stars 全部で、何人死ぬんだ? 全部で、何人殺すんだ?

巨大隕石の衝突により地球の壊滅は確定的。この破滅を回避する方法は、特殊な能力を持つ人間を、生身のまま隕石に向かって打ち出すこと、ただひとつだけ。半ば強制的に集められた候補者の三人の少年たちは、自らの意志で犠牲となる誰かを選ぶことを課せられた。

うお、後半の構成が面白い。というか、これは物語全体を読了後に見直すとにんまりできるかもしれない。

三者三様の理由を抱き、生きるため、あるいは死ぬための理由探しをする少年たちの物語。隕石の衝突は回避不可で、誰かの犠牲によってのみ、その危機から救われるという極限の選択であるにもかかわらず、そのときまでの日常は意外にあっさり進んで行ってますが。

というか、その選択が為されるまでが長大なプロローグで、そこからの急展開は、もう、読んでくれとしか言いようがないですが、ゲーム向きのシナリオだなあと思いつつ、ラストのテキストは、じんわりさせられますね。

こういう凝った構成も面白いです。まぁ、物語的にはかなり投げちゃった感のあるラストではありますが、この結末自体は決して間違ったものじゃないですよね。

hReview by ゆーいち , 2008/05/26

零と羊飼い

零と羊飼い (一迅社文庫 に 1-1)
西川 真音
一迅社 2008-05-20

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 零と羊飼い

Still quiet here.

Comments are closed.