いつか、こいまち!

このページは約 1分55秒で読めます。

stars 自分の想いに縛られたままなのが、一番苦しいのだ。

親の都合で田舎へ引っ越してきた一之瀬真哉を、クラスメイトたちは温かく迎えてくれた。隣の席の女の子・甘楽さんなんて、掌底まで食らわせてくれて。クラス委員の樒さんが気になりつつも、甘楽さんの秘密を知ってしまった真哉は、樒さんに誤解されてばかり。そんな甘楽さんの秘密、それは、この土地に古くから伝わる恋の神様のだということで……。

ドジな恋の神様・甘楽が300組目のカップルを誕生させるために、真哉とともに四苦八苦するお話。なんだけれど、その目的がなんだかうやむやのウチに解決してしまう流れはポカーンというか、なんかふたりの努力がかなり空回りで偶然で助かった感じなのがなあ。作者の前の作品『サインをつかめ!』でもそうだったけれど、なんか期待を微妙な方向に裏切ってくれる流れですね、これは狙ってやってるのか……?

てっきり、甘楽さんと真哉のふたりが300組目になって成就するのかなあとか、あるい樒さんも交えての三角関係で大変なことになるのかなあと思ったら、ここ、仲良しグループで片付いてますよ、あれ、普通、こういう美味しいシチュエーションてもってふくらませるんじゃ? 従妹の早苗ちゃんの立場は!? と、なんだか放置されてるいろいろなお話がありそうなんですが……。

そこら辺を放って、あっさりハッピーエンド(?)になってるのはどうなのかなあとか疑問を覚えつつ終わってしまいましたが、まぁ、その先もぽわぽわと仲良しグループで楽しくやっていくのかなあ? ああ、なんだか消化不良感が残ってしまって残念。

hReview by ゆーいち , 2008/07/27

いつか、こいまち!

いつか、こいまち! (電撃文庫 は 6-5)
長谷川 昌史
アスキー・メディアワークス 2008-05-10
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to いつか、こいまち!

Still quiet here.

Comments are closed.