コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN16『超合集国決議第壱號』

このページは約 3分35秒で読めます。

皇帝が行方不明。やはり皇帝はあの謎空間に取り残されたってことですかね。

C.C.の記憶喪失は、彼女がまだ人間だった頃までの退行を起こしていて。ご主人様とか狙い気味な気がするけど、これはこれで可愛いです。

ジェレミア卿はコーネリアを捕らえて、ルルーシュに引き合わせる。一方、朝比奈はギアス響団殲滅作戦に疑念を持っていて、ロロとの確執が生まれているっぽい。この辺が、黒の騎士団の結束のヒビとなるのか。

ゼロは、超合集国構想をぶち上げ、戦争を行うための大義名分を得る。中華連邦も巻き込んで、世界を二分する大戦への準備は着々と進んでいますね。

アーニャとスザクの会話。アーニャは自分の記憶が不確かであることを理解している、ってそんなところにナイトオブテン・ブランドリー卿が乱入。そこを諫めるナイトオブワン。こちらもシュナイゼルの指揮下、迎え撃つ準備は万端。

ナナリーとカレンの会話に割り込むブランドリー卿、その名に違わぬ鬼畜さ全開。ジノとも確執あるし、嫌われてるというか、デスマスク的ポジションじゃないのか、こいつは。

ロイドさんとセシルさん、ノリノリで紅蓮を魔改造。本当に誰も乗れなくなったって(笑) いや、これをカレンが乗りこなして、OP の魔改造紅蓮=紅蓮聖天八極式になるわけですね。そして、ニーナは戦略兵器フレイヤをスザクに託す、って核をスザクに撃たせるつもり満々ですね。そんなに日本人が憎たらしいのか。ロイドの言葉が、そのままニーナの身を焼きそうだなあ。

超合集国憲章の批准式が開催。世界を巻き込んで一気に大変革が起こりそう。祭り気分の面々。47カ国の合集国憲章の批准により、批准国の規模はブリタニア帝国に匹敵することになると。ようやく、ゼロの求めたブリタニア打倒のための力を手に入れるわけですね。黒の騎士団が超合集国の軍事力となり、その国力を背景にブリタニアに対して宣戦を布告する、と。

まずは日本の解放を目指す黒の騎士団の前に、皇帝の姿が。果たしてこれは皇帝本人なのか、あるいは……。問答無用に大戦に突入していくなあ。

ナナリーを助けたとしても、彼女を匿う国がなくなったという事実がルルーシュを混乱させる。そんな中、C.C.の気遣いすらルルーシュのカンには障って。C.C.の傷は治らないし、むしろ彼女の心に付いた傷が彼女を苦しめているような感じ。

ルルーシュが最後に頼るのはスザク。ついに正体を明かし、スザクにナナリーを助けることを請う。敵同士という間柄ながら、この電話が繋がるということが、ふたりに残された最後の細い絆を感じさせますね。果たしてスザクはルルーシュの懇願に応え、最後にふたりで会うことを条件として提示。スザクは殺る気満々な表情だけれど、ここで共闘しなくてどうするんだという感じですが。むしろ、罠全開だろうなあ。

いよいよ世界を二分する生き残りをかけた戦争が始まりますが、ルルーシュが守りたい世界、それって結局はナナリーが幸せでいられる世界なんですが。戦争の中で、失われていく命を思ったときに、ナナリーの心が傷つくことに、ルルーシュは気付いているのか。あるいは、ナナリーはルルーシュの行動全てを理解し、妹であることを選んでいるのに、それをルルーシュが気付けていない。結局、この兄妹が望んでいるささやかな幸せから、どんどん遠のいて行ってる感じだなあ、そこが皮肉であり悲劇なんでしょうけれど。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN16『超合集国決議第壱號』

Still quiet here.

Comments are closed.