吉永さん家のガーゴイル〈15〉

このページは約 2分54秒で読めます。

stars 御色町の皆――我は吉永家のガーゴイル。この名を忘れないで欲しい。

レイジとケツァルコアトルの奸計により、御色町は壊滅状態、そして街の守護者たるガーゴイルは破壊されてしまった。人々の疲れた心にガーゴイルと百色という敵を作り出し、吉永家は孤立する。けれど、戦いは終わったわけではない、ガーゴイルの復活を信じ、双葉はガーゴイルの欠片を集める、そして、百色も東宮も、御色町を大切に思う誰も彼もが、反撃の時を待ち諦めずそれぞれの戦いを続けている。

ついに完結した『吉永さん家のガーゴイル』。前巻の衝撃的な引きから、やっぱり今回もシリアス風味の展開で、正直シリーズ初期の雰囲気からするとこういう路線にどうしてなってしまったのかという疑問は生まれてしまうのですが、それはそれ。無事に大団円にたどり着くことができました。そういった意味ではまさに感無量。

作中で流れた時間は二年余り。物語が進むにつれて、双葉も和己もガーゴイルも、そして、ガーゴイルの元に集った様々なひとたちも変わっていく成長していく。それが実感できた最後のお話でしたね。

明確な悪役として描かれつつも、御色町を彼なりの心で愛したレイジという存在の矛盾は、もうどうしようもない段階となっていて、彼の結末自体は、この作品的にぎりぎりな決着だったのかなあといった感じ。ここまで露骨に悪を描く必要があったかといえば疑問だけれど、御色町に対して抱いた愛着は嘘ではなかったように思えるし、しかし、だからこそ、彼がこの町を訪れるまでに吉永家とガーゴイルが町のひとびととの間に築いた信頼こそが、レイジの目論見を打破し得た。この事実をレイジは認めることができるのか、それはもう想像するしかないのですが。

絶体絶命の窮地からの反撃となった最終巻。正統派は燃え展開ではありますが、やっぱりらしくないなあという印象を引きずったまま最後の最後で、懐かしいノリが復活。最大の危機は去ったけれど、これまでと同じように小さないざこざだったりトラブルの種だったりは出てくるのかも。けれど、自らの名乗りを変えられたガーゴイルは、きっと、これからも成長していくのかな。単なる門番ではなく、吉永家の一員として、家族として、これからもずっとずっと、楽しい面々と、大好きな町を見守っていくために。

とにもかくにも、ラストシーンはそんな日常への帰還を実感させてくれる、あっさりだけれど、だからこそ嬉しい嬉しい締め方でしたね。お疲れ様でした。

hReview by ゆーいち , 2008/08/03

吉永さん家のガーゴイル 15

吉永さん家のガーゴイル 15 (ファミ通文庫 (た1-1-15))
日向 悠二
エンターブレイン 2008-07-30
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 吉永さん家のガーゴイル〈15〉

Still quiet here.

Comments are closed.