魔女ルミカの赤い糸〈4〉 白き雪の愛

このページは約 2分13秒で読めます。

stars いつまでも二人でいましょう。琴也先輩……。

「魔女の王」となる資質を身に宿した留美華は、メルリスの去った屋敷でひとり暮らしていた。その寂しさを紛らわすかのように琴也は彼女を遊びに誘い、留美華もそれに応えひとときの安らぎを得ている。しかし、再び現れるメルリスと謎の少女メルリッサ。ふたりの出現で、留美華は魔女の王への覚醒を強いられることになる。囚われた留美華を助けるために、琴也は由奈たちの力を借り、魔城へと挑む。

なんというリセット技。いや、確かにここまでこんがらがってしまったら、こういう方法で出会いからやり直すというのはありだとは思うのですが、なんだか唐突に感じてしまったなあ。細かい伏線はしっかりと張られていたように思うけれど、それが最後に一気に回収された感じがしてしまったからかなあ。ラストに至るために、とにかくこの巻で決着を付けるべく仕掛けを巡らせたという印象が。いや、ああいうリスタートなエピローグも好きなんですが。

このシリーズ、やっぱりエロスな描写が抜きんでていたけれど、そのための物語になってしまったようにも思ってしまいますね。2巻以降の琴也の能力は、確かにこういう描写を行うにはうってつけだったけれど、結局最後まではっきりとそういう行為が必要な理由は明かされなかったような。この背徳さ加減が必要なんだ、みたいな説明はありましたが。まぁ、今回のもかなりぎりぎりな行為で、ぇちぃことはぇちぃんですが、ここまでやっておいて留美華と結ばれてないとかどんだけ遠回りなんだというツッコミはありですか、なしですか?

結局、それは、これからのふたりの未来のために取っておけってことでしょうけれど、そういう愛のあるシーンをもっと見てみたかったかもなあ。ラスボス? あぁ、なんかいましたね、どんどん小物化していった感じがして、存在意義に疑問を持ってしまいましたが。

hReview by ゆーいち , 2008/08/05

魔女ルミカの赤い糸4

〔MF文庫J〕魔女ルミカの赤い糸4 (MF文庫 J た 5-4)
田口 一
メディアファクトリー 2008-07-23
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 魔女ルミカの赤い糸〈4〉 白き雪の愛

Still quiet here.

Comments are closed.