狂乱家族日記 拾さつめ

このページは約 1分52秒で読めます。

stars 家族のことを守ってね。おとうさん。

不解宮ミリオンの呼びかけにより催されることになった『世界会議』に参加を決めた狂乱家族。大日本帝国の、超常現象対策局の力の及ばない国外で行われるその会議に、旅行気分で出かけた彼らを待ち受けていたのは、想像を絶する出来事で……。

ここにきて、物語が急展開だなあ。これまでの事件もトンデモだったといえばトンデモだったけれど、今回の事件で予感させられるのは、狂乱家族結成の原因ともなった1000年前の閻禍たちの真実と、家族という関係へ訪れる危機。

さらに雷蝶の過去とか、ミリオンの過去とかが、狂乱家族の一員である銀夏や千花、優歌らとも絡み合ってきて、閻禍伝説の1000年前の物語と合わせて、一気に収束してきた感じですね。まだ、語られていないこと、過去の真実と、謎は残されつつ、これからの激動を予感させます。

物語の核となっていた閻禍にまつわる伝説の真実が、ようやく見えてきましたね。結局そこにあったのは、家族になろうとして失敗してしまったかわいそうなすれ違いが根底にあったのかなあ。月華とかがまだ語らない閻禍たちの物語も少しずつ語られていますが、その結末はやはり悲劇的なものなんでしょうか。

そして、それを現代において繰り返しそうな雰囲気で、その核心にるのは乱崎の家長・凰火っぽいですね。今回の物語の本命となる世界会議の開催前に、世界さえも揺るがすような事件に巻き込まれてしまった狂乱家族。これまでのように一筋縄の力で解決できそうにない事態に、どう対応していくのか。

hReview by ゆーいち , 2008/08/08

狂乱家族日記 拾さつめ

狂乱家族日記 拾さつめ (ファミ通文庫 あ 8-1-10)
日日日
エンターブレイン 2008-07-30
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 狂乱家族日記 拾さつめ

Still quiet here.

Comments are closed.