Kaguya〈2〉―月のウサギの銀の箱舟

このページは約 2分54秒で読めます。

stars わたしはこう思うんです。きっと世界にやさしくなれた分だけ、世界もわたしにやさしくしてくれるんだって。

「宗太さんのこと、好きになっちゃったみたいです!」そう告白したひなたに対し、宗太はその場で答えを返すことができなかった。それから始まるひなたの熱烈なアタックに、ひとつ屋根の下で暮らす宗太は気が気ではなくて……。そして、先の執行人事件の記憶も薄れぬ間に、新たな事件が発生する。「銀の箱舟」を名乗る組織の手によって、祭りの夜に爆音を轟かせ、始まりの狼煙として。

ひなた、かわいいよ、ひなた。

宗太への好意を隠すことなく、世間知らずであるがゆえの無垢さを武器に、京先輩の入れ知恵を疑いもなくこなすひなたが可愛いったらもう。宗太もまんざらではないくせに、その面倒な性格と、好きだと思っている里見千歳への妙な遠慮から、そんなひなたの告白に答えることもせず引き延ばして……。ああ、なんで、こう、主人公たちは煮え切らないのか。この場合、据え膳ですよっ! スク水でお背中お流ししますですよ!? 何この嬉しいシチュエーション、いただいちゃえよ!!

宗太の年不相応な冷静さと達観めいた考え方は、こと、事件に立ち向かうときには大きな武器になるけれど、自分の感情すらも分析しようとして、色恋沙汰にはまったく向いてないですね。そのおかげで、先輩にからかわれるわ、千歳からの好意を棒に振るわ、ひなたを不安にさせるわと、朴念仁スキルフル発揮ですが。

そして、ひなたの圧倒的な力の秘密がこれからの事件には大きく関わってくると。この辺は予想通りというか、物語の収束地点が見えてきた感じですね。かぐや姫と呼ばれる、ひなたのような特殊なムーンチャイルドの運命は、ご多分に漏れず悲惨なもので、そもそもムーンチャイルドであること自体が、世界の中で生き辛くさせる大きな要因であることに、どうやって立ち向かっていくのかというのがこれから描かれていきそう。

今回の事件の結末も、首謀者の登場から大きな転換と、これまた残酷な事実の明かされを伴ったものでしたが、こんな絶望を抱えて子どもたちが生きている世界を、大人たちはどう見ているのか、その辺の葛藤もちらりと語られましたが、歪んでいる世界で幸せを掴むことの難しさは痛切に感じますね。

キーマンとなりそうな人物も登場し、ひなたの運命はこれから大きく揺さぶられていきそう。宗太と通じた思いが、彼女の支えとなり、未来を掴む力に繋がることを祈りたいですね。

hReview by ゆーいち , 2008/08/12

Kaguya 2―月のウサギの銀の箱舟

Kaguya 2―月のウサギの銀の箱舟 (2) (電撃文庫 か 14-5)
鴨志田 一
アスキー・メディアワークス 2008-08-10
スポンサーリンク

One Trackback to Kaguya〈2〉―月のウサギの銀の箱舟

ゆーいち
ゆーいち 2008年8月12日 at 22:26:55

更新したよ! : Kaguya〈2〉―月のウサギの銀の箱舟 http://www.u-1.net/?p=1321 *Twitpress*

0 Responses to Kaguya〈2〉―月のウサギの銀の箱舟