緋弾のアリア

このページは約 2分18秒で読めます。

stars ――キンジ。あんた、あたしのドレイになりなさい!

凶悪犯罪に対抗するために新設された国際資格『武偵』。その育成を目的とした学校・東京武偵高校に通う遠山キンジは、あるきっかけで能力が活性化する秘密を抱えていた。そんな彼の前に現れた少女・神崎・H・アリア。強襲科に所属のSランク、これまでに犯人をひとりも捕り逃したことのないという輝かしい実績の超エリートの彼女との出会いから、キンジの生活は大きく変わっていく。

『アストロノト!』に続く、赤松中学の新シリーズ。がらっと方向性を変えてきて今回は、アクション要素多めですね。『武力』+『探偵』の武偵という割りには、探偵要素はほとんどありませんでしたが、登場人物たちの出自からすると、まぁ、アクション方面に行っちゃうのかなあと。

細かい伏線の張り巡らせ方が上手いなあ。アリアの序盤のちょっとした言葉とか、理子の趣味にまつわることとか、その辺にしっかりと理由付けがされてますね。でも、アリアにとっては一番大事な部分が受け継がれなかったってのはどうなんだろうなあ(笑) そのためのパートナー探しなんだろうけれど、キンジの方も実践向きな気がするし、このふたりの凸凹コンビが巻き込まれた最初の事件、完全解決には至らないものの、これからの波乱を予想させますね。

キンジの能力・ヒステリアモードの発現の要因が、「性的な興奮」とかいうなんとも美味しいものなので、お色気方面期待しても良いですか良いですか? 狙いまくった設定だけど、こういうノリの作品だと良い感じに生きてきてますね。アリアとの関係もそうだけれど、キンジの幼なじみ・白雪さんが、微妙にヤンデレモードに入ってるのが怖いような楽しみなような、血の雨降らないですよね……?

続刊前提の終わり方だったので、続きが楽しみ。過去の有名な人物たちの子孫が続々と出てきたりするのは、うさん臭いながらも何気に燃える展開なので、いろいろとハッタリを利かせてくれることに期待したいですね。

hReview by ゆーいち , 2008/09/07

緋弾のアリア

緋弾のアリア (MF文庫 J あ 5-4)
赤松 中学
メディアファクトリー 2008-08
スポンサーリンク

One Trackback to 緋弾のアリア

二次元放浪記
二次元放浪記 2009年3月31日 at 23:30:25

緋弾のアリア 蜂蜜色の罠(ハニー・トラップ)

著:赤松中学

文庫:MF文庫

0 Responses to 緋弾のアリア