ほうかご百物語〈3〉

このページは約 3分12秒で読めます。

stars 頑張るよ、僕は。僕にとって、イタチさんがいてくれるのは、ほんとに嬉しいことだから。

美術部幽霊部員の穂村の依頼で、雪深い温泉宿の怪異退治に出かけることになった真一たち。冬休みの小旅行に浮かれる真一たちを待ち受ける妖怪の恐怖とは……!? そして、そんなこんなで冬休みが明けて三学期に突入。しかし、真一とイタチさんをかつてない最大の危機が襲って……。

光あれ! ――或いは、火取魔の事

雪山温泉宿妖怪事件、問題編。嘘。本当はお風呂でドッキリ!

サービスカットが眼福もの。そして奈良山くん、大活躍。さすが、枯れてるだけあって達観してますなあ。

真一のイタチさん礼賛はどんどん直球になって行ってるような。

幸せの形 ――或いは、雪女の事

人間と妖怪の結ばれるエピソードは数あれど、多分一番ポピュラーな雪女のエピソード。
いやいや、イタチさんは、こういう前例があるのを目にして、どう思ったんでしょうね。真一からの大プッシュを受けつつ、いつかは別れを考えていたのかもしれないけれど、少しは考えを改めたでしょうか。

まぁ、先のことは分からなくても、現時点でバカップルぶりは、負けず劣らずですよ?

男なら ――或いは、木の葉天狗の事

なんかKOFのキャラが乱入してきたような。

真一と対決、そして目覚める友情、とはならず。なんか妙なヤツに目を付けられたなあと言う感じ。でも、知恵と勇気で頑張って勝利、はなかなか。

そして、赫音との関係をちょっと疑って問いただすイタチさんぷりちー!

二人きりの世界 ――或いは、天の邪鬼の事

裏真一覚醒? なんかいきなり切れると別人に見えて仕方がないというか。

これと次のエピソードは割と大きめの陰謀が背景にありそう。

学ランを羽織ったイタチさんぷりちー!

……なんかそんな感想しか出てこないなあ(笑)

精一杯の冴えたやり方 ――或いは、白澤の事

最大級のピンチ到来!

なんだか、こういった明確な悪意が描かれると、ちょっと作品的には路線が違うのかなあという気がしないでもないですが。

少年マンガの王道よろしく、皆の力を結集しての逆転劇、そしてホントにスゴいの? と思われていた稲葉先生の獅子奮迅・一騎当千の大活躍。さすが九尾半端ない……。

今回は割とサブキャラに活躍の場が多かったですねー。

そしてエピローグ

良い感じにお話を締めてくれましたね。迷い家の伝承を上手く使ったラストシーン。真一とイタチさんが共に手と手を取り合って歩んできたのは間違いじゃないし、これからもきっと間違えることなんてないだろうなあと。

ほら、やっぱりハッピーエンドが最高じゃないですか。

hReview by ゆーいち , 2008/10/12

ほうかご百物語 3

ほうかご百物語 3 (3) (電撃文庫 み 12-3)
峰守 ひろかず
アスキー・メディアワークス 2008-10-10
スポンサーリンク

One Trackback to ほうかご百物語〈3〉

愛があるから辛口批評!
愛があるから辛口批評! 2008年12月1日 at 1:36:44

[現代異能バトル][ラノベ]ほうかご百物語2,3

ほうかご百物語〈2〉 (電撃文庫) 作者: 峰守ひろかず 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス 発売日: 2008/06/10 メディア: 文庫 ほうかご百物語 3 (3) (電撃文庫 み 12-3) 作者: 峰守ひろか…

0 Responses to ほうかご百物語〈3〉