時載りリンネ! 4.とっておきの日々

このページは約 3分33秒で読めます。

stars ね、G。これからも、ずっとずっとそばにいてね。

「わくわくするような冒険がしてみたい!」 何気ないリンネの一言から始まった冒険は本当に波瀾万丈の一語に尽きる。けれど、リンネだってもちろん巻き込まれる僕だって、四六時中冒険しているばかりじゃない。これから語るお話は、そんなお話だ。僕たちの日常。それはきっとどこにでもあるけれど、思い返してみれば唯一無二の思い出になっている、そんなとっておきの日々たちのお話だ。

天体観測

夏休みの課題を最後まで手を付けないあたりがリンネらしいというか。その逆に久高は自分だけ片付けているのもお約束。うんうん唸りながら最後まで残った自由研究の課題に途方もない事を思いついて挑戦する、そんなお話。

流れ星の時を止めて観察しようなんて発想はなかなか思いつくものじゃないし、それを実行に移す決断の早さも並じゃないというか。思いついたら一直線の暴走列車よろしく、周囲を巻き込みつつも、その一夜の出来事がみんなにとって素敵な思い出に変わってしまう、そんな優しさが感じられる物語。

ジルベルト・ヘイフィッツの優雅な日々

なかなかにミステリアスな存在だったGことジルベルト・ヘイフィッツ嬢のプライベートに迫る!

彼女が箕作家のひとたちに注ぐ愛情の根源となる過去が少しだけ語られたり。彼女の献身は、過去に受けた恩を返す、その一点だけでなく、G自身が得る事のできた家族にとって、自分ができる最良の方法だからこそという、なんとも心温まるエピソード。

そのために、心を鬼にしてリンネを教育することも厭いませんよ? リンネの言葉を借りますが、彼女にとってGという存在は、この先、いつになっても欠かすことのできない、大切なひとであること、ってことなんでしょうね。

フィーバー・ピッチ

なんか、脳内ではキャプ翼ばりの超人フットサルな光景が展開していましたが。リンネ、敵に回すと恐ろしい子!

あるいは、反則的な力で対戦相手を翻弄するのは『涼宮ハルヒの退屈』みたいな。リンネは時間を止めるわ、凪はこっそり物理法則に手を加えるわ、とこのチームの通った後にはぺんぺん草も生えるまい(笑)

凪、凪、夕凪

そんな前章の楽しさとは打って変わって、穏やかなエピソードで締め。

久高の妹の凪が自分の我が侭を叶えてもらえる「凪の日」のお話。

凪自身に与えられた力はとても大きくて、けれど、凪はそれを理解しているせいか思うまま使うこともなくて。そんな凪が、我が侭をゆるされた一日の最後に願ったことは、やっぱり彼女の心根を形にしたような優しい願いで……。

彼女自身の力ゆえに、口数も少なめな凪が唯一お兄ちゃんに、家族に甘えられる大切な一日。久高の恥ずかしがりながらも妹を大切に扱う良いお兄ちゃんぶりと、心底楽しそうな凪の姿が見ている方も嬉しくなりますね。

どれもこれも、大冒険とはちょっと違った、日常を切り取った小編たち。けれど、そこに描かれたみんなの姿は、冒険しているときと変わらないくらいの元気と楽しさを溢れさせていて、見ていてこちらも楽しくなる、そんなお話たちでしたね。

hReview by ゆーいち , 2008/10/21

時載りリンネ! 4    とっておきの日々

時載りリンネ! 4 とっておきの日々 (角川スニーカー文庫 203-4)
清野 静
角川グループパブリッシング 2008-10-01
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 時載りリンネ! 4.とっておきの日々

Still quiet here.

Comments are closed.