アクマ・オージ

このページは約 2分40秒で読めます。

stars はい、悪魔です。今日も生きててすみません。

過去のとある事件により、悪魔と自称し、ひっそりと生きる少年・相馬逢司。けれど、彼の周囲の世界は、彼のクラスメイトたちは、優しくて。だから、逢司は決めた。この優しい世界を守ろうと、たとえ自分が傷つき、命を落とそうとも。そうして、逢司は友人たちが巻き込まれたトラブルに、自ら飛び込んでいく。

岡崎裕信の過去の作品を知っていると逆にびっくりするかも。なんだか、やたらと読みやすくなったし、重い展開に落ちていかなかったし!?

過去の凄惨な事件の生き残りで、自分もその手を汚してしまっていることから、生きる価値なしと思い込もうとする少年・逢司がクラスメイトたちを助け、そして助けられる物語。

なんか、この自虐的な性格も、こちらがどん引きするくらいのヘヴィさで描かれていればまだしも、幼なじみの少女・白姫青蓮をはじめとした、愉快で優しいクラスメイトたちに囲まれているせいか、どん底感はどこにもないんですよね。そんな優しさに報いようと、自分を省みない無茶をしつつも、ちゃんとその恩を友情として返してくれる友人たちも素敵。というか、逢司のクラスは楽しすぎる。結果、彼がその楽しさに気付くところまで描かれたというのが、彼にとっての最大の救いだったのかなという印象です。

過去の作品だと、主人公はとんでもない運命を背負わされていたり、未来に希望が残されていなかったりと、さんざんだったのに比べると、本作は前向き前向き、どこまでもまっすぐですね。私個人としては過去作のような雰囲気も大好きなので、そういうお話ももっと見てみたいのですが、本作においては、意図的に文章を軟らかくしているのか、対象年齢を低めに設定して物語を書いてるのかなあとか思いました。確かに、逢司みたいな思考をする中学生とかいそうだもんなあ、邪気眼なノリだけれど、独りよがりにならずに、逢司自身も周囲の世界を受け入れてるので、そういった意味ではまったくもって救い満載の結末ですね。

ヒロインの青蓮との関係は年齢相応の幼い友達以上恋人未満な雰囲気ですが、青蓮がひとり突っ走って行ってる感じなのがにやにやしますね。可愛い娘なんですが、物語全体で見ると逢司との絡みが少なかったのが残念かなあ。続きがあるなら、らぶらぶしたりするシーンを見てみたいですね。

hReview by ゆーいち , 2008/10/24

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to アクマ・オージ

Still quiet here.

Comments are closed.