女帝・龍凰院麟音の初恋〈2〉

このページは約 2分10秒で読めます。

stars さあ、考えろ、月見里悠太。足りない脳ミソを振り絞れ。おまえは麟音のためになにをしてやれるんだ――?

麟音と悠太は夏休みの間に付き合っていた。そんな失われた記憶を取り戻すために、ふたりは二学期も恋人のまねごとを続けることにした。しかし、女帝と呼ばれるほどに風紀委員として色恋沙汰に対し、厳しすぎる取り締まりをしてきた手前、人目に付かないようにこっそりと、だけれど。しかし、麟音を敵対視する生徒会長・姫神美麗が、ちょっかいをかけてきて……。

ずっとおっぱい星人のターン!

相も変わらずおっぱいおっぱい、やかましい主人公ですね!

そして、そんな彼のどストライクな容姿を持つ美麗さんが意外に初心なお嬢さまで意外。無自覚に挑発するわ、悠太の優しい言葉にきゅんとするわ、権力を振りかざして自分のものにしようとするわで、これは良いライバルキャラですね。勝負にこだわるあまりに、麟音に対して行った嫌がらせがエスカレートしていくのはいかがなものかと思いつつも、これはまた見事な三角関係に発展していきそうで楽しみ楽しみ。

一方の麟音は、恋に恋するオンナノコから、悠太を恋の相手としてしっかりと意識していってるよう。美麗と悠太のデートで一触即発怒髪天を衝くかと思いきや、幼いコイゴコロ全開で独占欲を爆発させてみたり、定番のお弁当イベントを失敗料理でなく完璧にこなしてみたりと、こちらも悠太攻略フラグを着実に立てていってません? 終盤の悠太に対して見せた弱さとか、クラリとくるね! わかりやすすぎるが、それが良い。

で、またしても凶悪な引きで次巻へ続く、なラスト。悠太の周りはきな臭くなるし、二人を繋いでいた過去が否定されそうな怪しい雲行き、そして乱入してくる美麗の存在も合わさって、さらに波乱の予感がひしひしとしますよ!?

hReview by ゆーいち , 2008/10/25

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 女帝・龍凰院麟音の初恋〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.