機動戦士ガンダム00 2nd Season #04『戦う理由』

このページは約 2分13秒で読めます。

混迷にあえぐアザディスタンに戻ることを主張するマリナさん。恋人かという突っ込みに冷静に違うと返す刹那との連携が微笑ましいというか。

フェルトはニールを忘れられないけど、ライルの荒療治で目を覚ます? にしても、色男っぷりに磨きがかかるロックオン。ハロは空気を読めませんね!

アレルヤはスメラギさんと一杯酌み交わす、過去話よりも今の気持ちを紛らわすって感じかなあ。

シーリンさんのツンデレぶりは素晴らしいですね。マリナラブですか。マリナの方は刹那をスカウトしてるけど躱されてますね。刹那の決意はもう揺るがない感じ。自分とガンダムで戦うことをとにかく信じ抜くだけか。

アザディスタンへ向かうプトレマイオス。沙慈もイアンに使われてメンテナンス作業。自分たちの戦う理由を語り、覚悟のほどを沙慈に伝えて。そして、アレルヤの戦う決意を聞いたスメラギさんは、まだ自分の理由を取り戻すことができてないよう。

敵新型の攻撃で窮地のプトレマイオス。危機一髪の状況を逆手に取るのはスメラギさんの指揮。出撃するガンダムの連携と、ダブルオーの近接攻撃で、あっさり撃沈、てやっぱりモビルアーマーが見せ場を作ることができるのは一瞬なのね……。

戦場を海上に移し、対峙するのは乙女座の男・ミスターブシドーと刹那、そしてアレルヤとピーリス。ともに因縁ある対決だけど、カタロンの増援に水を差される格好。

再会するマリナさんとシーリン。ふたりの考えは隔たったままだけれど、歩み寄る余地は残されているのかな。アザディスタンを見限ったシーリンとしては、マリナさんにも同じように国という束縛から離れ、自分のために生きることを望んでそうだけれど……。

エンディング後は、制服を身に着けるスメラギさん。ようやく覚悟ができたか、と何気にセクハラ発言飛び出してますががが。不摂生の付けですか。

一方、彼女に捨てられたビリーは職場に復帰、新型開発の陣頭指揮を執る。利用されたことに憎悪の炎を燃やして仕事に打ち込みそうなビリー。今度飛び出してくるのは、また、魔怪造フラッグですか?

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 機動戦士ガンダム00 2nd Season #04『戦う理由』

Still quiet here.

Comments are closed.