灼眼のシャナ〈17〉

このページは約 2分45秒で読めます。

stars シロ……私、見つけたよ。最強の自在法は、ここにある。

創造神“祭礼の蛇”の代行体となった悠二は、己が大命の成就に向けて[仮装舞踏会]盟主として動き出す。一方、悠二に捕らえられ、コキュートスを奪われ、フレイムヘイズとしての異能を封じられたシャナは、自らの無力さに歯がみする。そして、[仮装舞踏会]の攻撃に晒され、壊滅的な打撃を受けた外界宿は、ゾフィー・サバリッシュの手により、未曾有の大戦に備えるべく体勢を整えつつあった。

ようやく刊行された本編第17巻。もう、前巻の話なんてだいぶ忘れてますが、ラスボス化した悠二がシャナを捕らえ、世界にケンカを売ったとかそんな流れだったような。

で、相変わらず悠二の考えが理解できません。彼と合一してる“祭礼の蛇”の大命こそが、自分とシャナの歩むべき未来だと考え、その悲願の成就に向けて協調しているというところは分かりますが、その過程で世界に引き起こされる大変革と大戦争によって生まれる影響とかを無視しまくってるような。シャナが守りたいと信じているものを壊してても、自分の我を通そうとする、ずいぶんと性格が変わったものです。オールバックだし。

全体的に[仮装舞踏会]サイドの優勢を感じさせる物語の運びですね。フレイムヘイズ側は戦力的にも組織的にも非常な劣勢に立たされている雰囲気です。終盤で少しずつ反撃の巧妙が見えてきたような流れですが、このまま激突したら勝利などおぼつかないという印象はぬぐえません。独立行動を取ることにしたヴィルヘルミナたちの作戦が成功しない限りは、フレイムヘイズ側の勝算はないんじゃないかなあ。その作戦も場当たり的だしなあ。潰れたままのマージョリーの復活とかも今後の課題ですしね。

で、まぁ、まだまだ準備段階という感じで、話が進みませんね。すでに半端ない登場人物の数で、シャナだけに焦点を絞って描ききれる規模のお話ではなく、群像劇と化しています。けれど、だからこそ、シャナの物語が動かないとおもしろみが感じられないというか。下準備に時間をかけすぎるといい加減苛立ちも感じてしまったり。今後の展開として、[仮装舞踏会]とフレイムヘイズの激突が描かれるんでしょうけど、その部分だけで文庫何冊使うことやら、さすがに冗長に過ぎると思ってしまうんですよね。

久々の本編の割りに、物語が進んでないなあと、そんな印象を持ってしまいました。

hReview by ゆーいち , 2008/11/09

灼眼のシャナ 17

灼眼のシャナ 17 (17) (電撃文庫 た 14-23)
高橋 弥七郎
アスキー・メディアワークス 2008-11-10
スポンサーリンク

One Trackback to 灼眼のシャナ〈17〉

愛があるから辛口批評!
愛があるから辛口批評! 2008年11月19日 at 22:14:07

[現代異能バトル][ラノベ]灼眼のシャナ17

灼眼のシャナ 17 (17) (電撃文庫 た 14-23) 作者: 高橋弥七郎, いとうのいぢ 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス 発売日: 2008/11/10 メディア: 文庫 「いよいよ、決戦か、でも、悠二は…

0 Responses to 灼眼のシャナ〈17〉