死神のキョウ〈2〉

このページは約 2分48秒で読めます。

stars 寂しいと思ったらあたしを呼んで。たぶん……すぐに行くから。

夏休み目前。同居生活継続中の恭也とキョウのもとに、死神見習いのココロがやって来た。キョウを姉同然に慕うココロは、彼女と同棲しているというけしからん恭也に対して攻撃的な態度をとりつつも、ふたりの生活に溶け込んでいく。そんな中、クラスでは序列戦再戦に向けて盛り上がりを見せ始めていて……。

前巻は後半の唐突な暗黒展開に驚きつつも、キョウさんのデレ具合に癒されたお話でしたが、今回はさらに彼女のデレ具合が加速しているような気ががが。

ふたりの同居生活に割り込んできた妹分ココロ。キョウを慕うココロは、恭也がキョウといちゃいちゃしてるのが気に入らないのは当然で、あの手この手で恭也に対して妨害工作をしてみたり。割とシャレにならないようなこともしてますが、やたらとデフォルメされたココロのキャラクターのせいか、コミカルさが先に立っているのと、恭也がそれを割とスルー気味に受け止めてるおかげで、悲惨なことにはなってないですねえ。

過剰なスキンシップを求めるココロのおかげかサービスシーンも増えてますね。ところどころえろげテイスト溢れる描写があって、にやにやできますねえ。なんで、ラノベという土俵でこういう表現見るとドキドキするんだろう(笑) 美味しくいただけました。

とまぁ、そんなラブコメ展開が今巻のほとんどを占めていて、物語が動き始めるのは終盤になってから。序列戦が今回も組み込まれていた理由はちょっと分からないのですが、クラスの男女間の対立が引っ張られてる辺り、学校生活の方ではこれが尾を引いて今後の展開に影響してくるのかな。

一方の非日常な部分、死神との関わりという点では、キョウがかつてなろうとしていた役割を持つ死神になろうとするココロの動向に注目ですね。日常では良い感じに恭也たちとも接することができていたのに、ココロの本来の目的は別のところにあることがほのめかされています。彼女が最後に見せた、これまでの幼い少女然としたあどけなさとは隔絶した、不安を煽るような嘲笑の色を濃くした笑みの意味が気になりますね。

終盤の急転直下の展開はどうかなあという気もしますが、それまでのベタベタなラブコメ展開は楽しかったです。次巻はシリアス目にお話が進みそうですが、それはそれで楽しみ。もはやデレまくりなキョウと恭也がさらに距離を縮めるには、いささか重い試練となりそうですが、次巻も期待できそうです。

hReview by ゆーいち , 2008/12/02

スポンサーリンク

One Trackback to 死神のキョウ〈2〉

愛があるから辛口批評!
愛があるから辛口批評! 2008年12月4日 at 1:09:07

[現代異能バトル][ラノベ]死神のキョウ1&2

死神のキョウ (一迅社文庫) 作者: 魁 出版社/メーカー: 一迅社 発売日: 2008/05/20 メディア: 文庫 死神のキョウ 2 (2) (一迅社文庫 か 1-2) 作者: 魁 出版社/メーカー: 一迅社 発売日: 2008/11/20 メデ…

0 Responses to 死神のキョウ〈2〉