フレンズ×ナイフ〈2〉死神を包む風

このページは約 3分10秒で読めます。

stars あかりちゃん、ありがとう。あかりちゃんのおかげで……亜子は、もっと頑張れるよ。

夜な夜な被害者を生み続ける「辻斬り」の調査を行うあかりは、その過程で正義の味方を名乗る謎の集団「剣持つ聖者」が関わっているらしいということにたどり着く。そして、調査の過程で再会した、幼なじみ・柊撫子。亜子が師匠と呼ぶ彼女は、この辻斬り事件についても何かを知っているようだが、それを頑として語ろうとしない。容疑者らしき少年・司馬と対峙するあかり。彼との会話の中で、行方が知れなくなった亜子の妹・美優と司馬に接点があることに気づいて……。

お話的にはあかりが主人公なんですけれど、彼女は物語の中心ではなくて、最終的には、亜子と美優の姉妹の確執をいかにして解くかという点に収束していくのかなあ?

全容の知れない集団「剣持つ聖者」の登場と、今後に因縁を残すことになる司馬という少年の登場。あかりにとっては雪辱を果たさなければならない相手となってしまった彼の元に、これまた浅からぬ縁を持つ美優が身を寄せているわけで。前回はやたらと殺伐とした展開になってどんだけ泥沼になるんだと思っていたのですが、今回の亜子の発言とかを見ると、なんだか救いが見えてきましたよ?

にしても、亜子が空気でしかたない。あかりにとって、大切にしたい友人以上の存在になっているのに、彼女の素直に気持ちを表すことのできない不器用さのおかげで、肝心なところではぐらかしまくっていてもやもやしますね。これ以上関係が深くなると百合百合ーな感じになりかねませんが、どんとこい! むしろ、そういう展開も見てみたい。けれど、亜子のちょっと足りない感じの性格からすると、そこに恋とかそんなにおいを見つけることはできないので、この微妙にすれ違った関係を楽しむのが正解なのかもしれませんが。

そして、あかり的には結構重要な惣一との関係を進める野望のためには、逆に亜子は恋敵ポジションにいるのが悩ましところ。反転したら大変なことになって、一気にドロドロしてしまいそうですが、はてさて? 飄々とあかりの気持ちをはぐらかしてる感じの惣一自身が、私はなんだか怪しく思えて、今後重要な役割を演じてくるのかと思っているのですが……。

相変わらず、作中内の異能・ソーマ、その他の呼称が激しく厨二病くさくてもにょもにょしてしまいますね。風我絶彩とかね、そのネーミングが……あうあうあう。戦闘シーンの描写がちょっと説明過多なところがあったりして、スピーディーな戦闘をしているはずなのに、スローに感じてしまった場面がいくつか。ああ、それって、マンガがアニメ化されたときに感じる違和感と似てるのかも。

ともあれ、友情を主題においている作品なだけに、今後もっともっとあかりと亜子にはいちゃいちゃしてほしいと思うのですよ。

hReview by ゆーいち , 2008/12/12

フレンズ×(ウィズ)ナイフ〈2〉死神を包む風

フレンズ×(ウィズ)ナイフ〈2〉死神を包む風 (MF文庫J)
星家 なこ
メディアファクトリー 2008-11
スポンサーリンク

One Trackback to フレンズ×ナイフ〈2〉死神を包む風

愛があるから辛口批評!
愛があるから辛口批評! 2008年12月12日 at 7:28:48

[現代異能バトル][ラノベ]フレンズ×ナイフ2

フレンズ×(ウィズ)ナイフ〈2〉死神を包む風 (MF文庫J) 作者: 星家なこ 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2008/11 メディア: 文庫 「なんだか世界が急激に広がった気は。それに…

0 Responses to フレンズ×ナイフ〈2〉死神を包む風