乙女革命アヤメの!

このページは約 2分31秒で読めます。

stars 姫子、わたしがいるよ。わたしがそばにいるから、そんな悲しそうな顔しないで。

「これはね、あなたへの罰! 償うためにはもうひとりのあなたを手伝うこと」気がついたときに目に飛び込んできたのはそんな文字だった。自分が誰かも分からない、気がついたら美少女になっていた、そんな記憶少女のわたし――春日アヤメは、うり二つの容姿を持つ花時雨学院のアイドル的存在の佳代花姫子と出会う。優しい言葉をアヤメにかけてくる姫子。しかし、その優しさの裏には、学院支配を企む悪魔の素顔が隠されていて。姫子の影武者として利用されることになってしまったアヤメの運命は……?

百合百合いいぃぃ!

登場人物が女性に限定されているおかげで、非常に百合な雰囲気に充ち満ちたお話ですね。主人公のアヤメは記憶喪失、かつ外見を姫子と同じに変えられているけれど、もしかしたら今の姿になる前は男だったのでは、なんて勘ぐりが生まれてしまうような反応を見せてくれますが、それがまたなんともいえない怪しげな雰囲気ですねえ。

しかし、終盤の展開は「超」を付けてしまっても良いような流れで、ちょっと置いてけぼりだったかなあ。もともと、この現世から隔離されたような異世界的な学院の中で繰り広げられるお話で、冒頭から何が起きてもおかしくはない、なんて登場人物たちが口にしていたのですが、まさかそれがこんな方向へ向かってしまうとは……。同じMF文庫Jから出ている『ミサキの一発逆転!』と同じ印象を受けてしまうのです。

慣れない生活に四苦八苦して、同じ顔を持つ姫子に触れられてドキドキするアヤメの姿とか、女の子同士の妖しいスキンシップに美味しい思いをしていただけに、今後この方向性で行くのかなあと思うとナニカチガウのではないかと感じてしまったり。

どっちが本性か分からない裏表のある姫子の真意とか、アヤメに科せられた罪の内容とか、明かされてない部分が多いですね。もしかしたら、そもそもアヤメと姫子の役割が逆なんじゃないかとか勘ぐってみたりしますが、今後どういう展開するのか気になるところであります。まぁ、もっともっと百合な展開に行ってくれた方が私は楽しいのですががが!

hReview by ゆーいち , 2008/12/14

乙女革命アヤメの!

乙女革命アヤメの! (MF文庫J)
志茂 文彦
メディアファクトリー 2008-11
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 乙女革命アヤメの!

Still quiet here.

Comments are closed.