狂乱家族日記 拾壱さつめ

このページは約 2分12秒で読めます。

stars 最後まで、僕をその嫌な名前で呼ぶ。馬鹿は死ぬまで治らない。地獄では、もうちょっと巧くやるんだね……。

不解宮ミリオン暗殺により、『世界会議』は開催の前から暗雲が立ちこめている。犯人も、その目的も不明な状況下で、神聖合衆国へ到着した乱崎一家は異様な不安と緊張の中にいた。そして、世界の代表が一堂に会する会議当日、彼らの前に姿を現したのは予想だにしなかった人物で……。

『閻禍伝説』の真実がついに明かされる!

なんだか、これまで引っ張ってきた設定が思いっきり覆されてる気がしますが、それはこの巻で始まったことじゃなくて、これまでも『来るべき災厄』編とかでも、意外な真実を提示してきたシリーズだから、今さらかもしれませんね。

これまで断片的に語られてきた、閻禍、朝夜、泪雨夜、そして月香、SYGNUSSら、千年前に起きた全ての物語の始まりである彼らの物語の全容がようやく語られました。そして、その因縁が、作中現代において尾を引いているとは。あの人物があの人物であるかと思っていたら、そこは斜め上でしたよ、と。

今回で、そんな過去から引きずってきたしがらみの大半は、収まるべきところに収まった感じ。けれど、一番大事な部分が、最後の問題になってきそうな流れですね。

けれど、次は、現代を生きる乱崎家にとってはちょっと身近な部分でのお話になりそう。なかなか表だって語られることなかった銀夏と黄桜一家にまつわる部分、今回登場した彼女も大きく絡んできそうだし、何よりも姫宮の因縁に囚われたままの千花や優歌を本当に救う意味でもたいせつなエピソードなりそうですね。泣き続けて、ようやく立ち上がった千花が、相対しなければならないのは、銀夏にとってあまりに大きな存在の人物。いよいよ人物が多くなってきてこんがらがってきましたが、結局最後は小さな小さな家族のお話に収束して行きそうな感じですね。

hReview by ゆーいち , 2008/12/21

狂乱家族日記 拾壱さつめ

狂乱家族日記 拾壱さつめ (ファミ通文庫)
x6suke
エンターブレイン 2008-11-29
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 狂乱家族日記 拾壱さつめ

Still quiet here.

Comments are closed.