疾走する思春期のパラベラム この世の人々が許しあうまであと千億の夜

このページは約 2分38秒で読めます。

stars ――この世界は、俺たちが大人になるまで大丈夫なんでしょうか?

心的爆撃を切り抜け、束の間の平穏を味わう城戸高校映画部の面々。しかし、彼らの知らぬ場所では、乾燥者による人類の虐殺が侵攻していた。定められた戦争の始まり。それは、静かに映画部の皆の近くにも忍び寄りつつあった。襲撃される尾妻、そして、一兎への気持ちを告げようとした志甫も、彼の目の前で攫われてしまい……。

一兎たち城戸高校映画部と、乾燥者との戦いが始まるかと思ったら、その前哨戦的なエピソードでしたね。もっとも、その敵が、本来なら共闘するべきパラベラム――灰色領域の残党ってのが、なんとも人類側の基盤の脆弱さを露呈させているように思えますが。

一方の乾燥者側は着実に成果を上げていて、近代兵器を擁する人類側の大規模な攻撃をもってしても、打倒することができないという、隔絶した戦力差を見せつけてますね。そんな中でも桑園高校のフライトたちの奮闘が光りました。絶えず劣勢に立たされているとはいえ、人類側にもまだ手は残されていると。自衛隊の中にいる、パラベラムの存在も気になりますし、次は反撃のターン……かな?

そんな大局をまだ見ることのできない一兎や志甫だけれど、彼らの世界は世界で、少しずつ変わっている感じ。一兎を意識するようになった志甫の、気持ちを伝えようとする決意もそうだし、漠然とした未来に不安を感じつつ、夢を抱く一兎もそう。明日、世界が終わるかもなんて不安を、戦うことで紛らわせているだけかも知れないけれど、その戦いが、未来を守ることに繋がるということを意識しているのでしょうか。今回は、危機に陥った志甫を、部活の面々が全力で助けに向かうというエピソードでしたが、そんな仲間を大切にする気持ちが、力になるんだなあと思わされる内容でした。

一兎自身も主人公らしい活躍を見せ、終盤の彼の覚醒シーンなどは、なかなかに燃えますねー。けれど、その覚醒が、彼の未来を大きく左右しそうな引きだし、ハッピーエンドはまだ見えない雰囲気。なんだか、タイトルと内容が大きく離れてきてる感じがしますが、思春期らしい彼らのエピソードももっと見てみたいかな。それは、戦いの後かもしれないけれど、掴んだ未来を幸せで彩る、そんな物語になってほしいなあ。

hReview by ゆーいち , 2008/12/27

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 疾走する思春期のパラベラム この世の人々が許しあうまであと千億の夜

Still quiet here.

Comments are closed.