機動戦士ガンダム00 2nd Season #13『メメントモリ攻略戦』

このページは約 3分5秒で読めます。

カタロンの攻撃艦隊は、メメントモリの予想外の攻撃により第2艦隊の半数を失うという大打撃を初っぱなから受けてしまいます。連射ができないというメメントモリの欠点も、そこを防衛する機体の中にガデッサがいるおかげで、フォローされている模様。まぁ、重要拠点なんだから、防衛戦のシミュレートくらいいくらでもしてますよねえ。戦力的に圧倒的に劣る攻撃側、どう出る?

第1艦隊もガデッサの砲撃で次々と撃沈。耐えきれなくなったのか苦し紛れに見えるミサイルの一斉攻撃もあっさりと迎撃。モビルスーツ戦も疑似太陽炉搭載型と旧態依然な機体とではスペックが違いすぎて勝負にならないと、この段階では勝ちの目がどこにも見えません。

が、第1艦隊旗艦撃沈のピンチを救ったのはダブルオーライザー。こうして衛星破壊のミッションはカタロンからソレスタルビーイングへ移行ですね。これでようやく勝負らしい勝負になるのかな。ガデッサのパイロットのヒリング・ケアはダブルオーにご執心のようだけど。そのこだわりはイノベイターの優位性とかからくる余裕を感じさせませんねえ。

暗躍する王留美陣営もなんかグダグダ。手駒のネーナが思い切り叛意を見せてるし、重要な機密データを送りつけてるし。こりゃ、粛正フラグ立ちまくりではなくて!?

プトレマイオスによるメメントモリ破壊ミッションがスタート。なんか死角を突いて突撃したは良いけど、無茶な感じがするなあ。メメントモリの射線内にじわじわと押されていっていきなりピンチの予感。ぎりぎりまで引きつけて回避の策も、マリーとアレルヤの連携頼みってなんという綱渡り。というか、アリオス単なる燃料タンクの役ですか。せっかくのGNアーチャーの出番はいつー?

攻撃の最終段階はやっぱり最大の火力を持つセラヴィーによる砲撃。その護衛にケルディムが回って、シールドビットで砲撃を防ぎまくり。おお、こんな武装があったのね。高速移動するプトレマイオスに同期して、ビットコントロールするハロって実はスゴい?

無茶な作戦のつけが回ってきて防御もそろそろ限界のプトレマイオス。撃墜される数瞬前の最終攻撃が炸裂。セラヴィーのハイパーバースト+GNミサイルの斉撃、そしてとどめとばかりにケルディムの狙撃で心臓部を破壊。ああ、ここのロックオン格好いいですねえ。ようやく、そのコードネームにふさわしい活躍を見せてくれました。

地上から見上げる人びとの目に映るのは、衛星が燃え尽きる光。戦争の光を後世に残してはならないと決意する大人たちと、それを見つつ何を残すべきかを思案するマリナさん。ホント彼女出番ないですね。これから何か大きな役目を果たすときが来るんでしょうか。
セルゲイ大佐のもとを訪れるハーキュリー大佐。互いに知己のようですが、ハーキュリー大佐が彼の元を訪れた訳は? 前線から干されてるっぽい荒熊さんを、戦場に呼び戻すために来たのかな?

[ad#gundam00]

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 機動戦士ガンダム00 2nd Season #13『メメントモリ攻略戦』

Still quiet here.

2 Responses to 機動戦士ガンダム00 2nd Season #13『メメントモリ攻略戦』

  1. 誤 知己
    正 既知
    ですね

  2. >匿名さん
    http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?spa=1&sc=1&se=on&lp=0&gr=ml&qt=%C3%CE%B8%CA&sm=1&sv=KO
    の意味で使ってます。
    知り合いってことですね。