“文学少女”と恋する挿話集 1

このページは約 2分9秒で読めます。

stars ねぇ、心葉くん。心葉くんも先輩に、『愛しき言』を、尽くしてねっ。わたしを、心葉くんのお話で、おなかいっぱいにしてちょうだい。

ファミ通文庫公式サイト FBOnline に掲載された「“文学少女”の今日のおやつ」などに加え、書き下ろしも収録した短編集。“文学少女”シリーズのこれまでとこれから、そんなどこかに挿話される、天野遠子と彼女を取り巻くひとびとの物語。

本編が巻が進むにつれて重々しい雰囲気になっていったのに比べれば、明るい感じがして新鮮な印象を受けた短編集。

コミカルな描写が多くてくすりとさせられたり、けれど、やっぱり遠子先輩の作品への愛は変わっていなかったりと、本質は一緒だけれど、彼女の周囲のひとたちに焦点を当てると、また違った世界が見えてきますね。

特に、美羽や麻貴のエピソードについては、本編が遠子先輩と心葉の物語へ収束していったおかげで、見てみたかった部分ではありましたしね。心葉への囚われを断ち切って、自分の足でようやく歩き始めることができた美羽や、遠子先輩と出会った頃の麻貴の姿、そして関係があったのは分かりつつも、あっさりと流されていた感じの流人の内面など、今読んでみるとなるほど、なお話が書き下ろされているのが良いですねー。これは、本編を読み終わった後だからこそ、抱ける感覚かもしれません。

そして、本編の結末とエピローグの間に入る、心葉と別れた後の遠子先輩のお話が切ないですね。『スノーグース』の文章に想いを重ねて、ひとり涙を流す彼女の姿にこちらまで苦しくなるかのよう。こんな離ればなれの時間があったからこそ、あの再会をふたりがどれだけ待ち望んでいたのか、分かろうというものですね。

今回語られなかったキャラのお話は、次に収録されるとのことなので、そちらも楽しみですね。

hReview by ゆーいち , 2008/12/31

“文学少女”と恋する挿話集 1

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫 の 2-7-1)
竹岡 美穂
エンターブレイン 2008-12-26
スポンサーリンク

One Trackback to “文学少女”と恋する挿話集 1

空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

“文学少女”と恋する挿話集(エピソード) ?/野村美月

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)(2008/12/26)野村 美月商品詳細を見る

【あらすじ】
柔道一筋、人呼んで「炎の闘牛」。そんな彼が

0 Responses to “文学少女”と恋する挿話集 1