緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷

このページは約 2分35秒で読めます。

stars 私も、私も、キンちゃんと一緒に暮らすぅー!

晴れて(?)、アリアのパートナーとなったキンジと彼女に課せられた今回の使命は、キンジの幼なじみでもある武装巫女・星伽白雪のボディーガード。超能力を持つ武偵――超偵ばかりを狙う、魔剣デュランダルと呼ばれる誘拐魔から守るというミッションは、その存在を疑問視するキンジと、確信するアリアの間に生まれた不和から危うくなっていって……。

ヤンデレ巫女降臨!

その素質は前巻から十分に感じていましたが、アリアと同居を始めたキンジの部屋を強襲して、アリアと殴り合うとかどんな展開だい(笑) ヤンデレモード全開な彼女をイラストでも見てみたかったけれど、可愛い部分しかなかったのが残念ですね。

そんな感じで、今回は、戦う巫女さんにして、キンジの幼なじみ白雪さんの真価が問われるエピソード。星伽という家と使命に縛られ、籠の中の鳥だった彼女の、檻を開けてくれたキンジという存在を、精一杯全肯定してくれる彼女の健気さと一途さに心打たれるか、あるいは重いと感じるかはひとそれぞれ。当のキンジは、そんなこと当たり前にこなしてみせて、ヒステリアモードにならなくても十分フラグ立ててくれやがりますが、鈍感さだけはノーマルモードでも筋金入り、知らず知らず心をこれでもかと鷲づかみにして、アリアに続いて攻略完了? みたいな。

そんな白雪の背景は結構重いもののはずなのに、割とあっさりと彼女自身が吹っ切ってくれたなあという感じ。もっとも、彼女には現在進行形で『家』に縛られ続けていて、アリアと同じようにそれがまた、彼女の重しとなる可能性はなきにしもあらずですが、キンジのそばに居る限り無敵っぽいしなあ……。このパーティ、巻を追う毎に戦力が強化されていくんじゃないですか? 次はデレる姿が想像できないレキさんの番?

その前に、隠れキャラルートに入りそうな雰囲気ですが。エピローグに登場したにくいあんちくしょうの姦計にハマりそうなキンジ。このままアレな雰囲気に流されてどこまで行ってしまうのかー!? 割とラブコメ寄りになってきましたが、キンジの信念とか、アリアの目的とか、忘れちゃ、ダメですよ?

hReview by ゆーいち , 2009/01/02

スポンサーリンク

One Trackback to 緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷

二次元放浪記
二次元放浪記 2009年1月11日 at 0:46:55

緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷(ダイヤモンドダスト)

著:赤松中学

文庫:MF文庫

〜あらすじ〜
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアと、…

0 Responses to 緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷