ムシウタbug 8th.夢架ける銀蝶

このページは約 2分57秒で読めます。

stars 私たちが叶えたい夢は、きっと――逃げずに戦ったその先にあるわ。

“虫憑き”が生まれない世界を作るため、その源である始まりの三匹のうちの一体“大喰い”を倒すため、かっこう、ハルキヨ、亜梨子をはじめとした強力な虫憑きたちが手を組んだ。しかし、夢を喰らうため出現した“大喰い”との戦闘の最中、摩理が現れ、亜梨子と摩理のどちらが生き残るのかの選択を迫る。

本編に姿を見せない亜梨子の、その最後の姿を目に焼き付けろ!

いや、きっと本編のラストバトルでは、歴戦の戦士たちの姿に混じり、彼女の姿も見られるという王道的な全力全開バトルが描かれると信じていますががが。むしろ、そうでないと、きっとまたしても勝つことはかなわないかもしれません。

本編においてさえ、揃うことがないかもしれないくらいの戦力でもって臨んだ“大喰い”との戦い。けれど、あれだけの力が揃って、協力して戦ってさえ勝利をつかむことができなかった原因はなんなのか。“大喰い”の能力の反則さ、そして彼女を決して倒すことができない理由となる不死の虫憑きの存在、亜梨子と摩理が不完全な状態でしか戦闘に参加できなかった、理由を考えればきっとまだまだあげられるんだろうけれど、やっぱり過去にあって、現在にない、決定的な打倒のためのピースが欠けているんでしょうか。

それは、あるいは詩歌の存在かもしれないし、あるいは別の要素かもしれないし。しかし、それは逆にいえば、過去にあって現代にない要素もあるわけで。だからこそ、この物語の締めくくりとなるであろう、戦いには、あらゆる力の結集を期待したいところなのですが。

大助にとっての亜梨子の存在というものは、きっと彼にとっての詩歌の存在とは、別の位置づけでありながら、きっと同じくらいに彼を支える根底に根付いているように思います。大助にとって、果たすことのできなかった約束があり、けれど、その約束を果たすべき相手は決してこの世から消えてしまったわけではなくて。だからこそ、戦いを繰り返し、ボロボロになっても、大助は自分の夢を手放さない。手放すわけにはいかないんでしょう。

さて、これで語られるべき過去の物語は完結しました。悲しい運命を背負わされる虫憑きが生まれない世界を作るという夢は、まだ道半ば。その夢が叶うかどうかは、現在、そして未来の物語となる本編へと受け継がれていきます。今は深い眠りについて、その未来を夢見ているかもしれない彼女のためにも、絶望を振り払い、実現するための戦いを、今度こそ勝利で飾ってほしいと願います。

hReview by ゆーいち , 2009/02/06

ムシウタbug  8th.夢架ける銀蝶

ムシウタbug 8th.夢架ける銀蝶 (角川スニーカー文庫)
岩井 恭平
角川グループパブリッシング 2009-01-01
Amazon | bk1
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ムシウタbug 8th.夢架ける銀蝶

Still quiet here.

Comments are closed.