ガーゴイルおるたなてぃぶZERO

このページは約 1分49秒で読めます。

stars そうですね――平時でしたらこの犯罪が成功する確率は十五パーセントほどありました。ですが日時が悪かった。今日、この日に犯罪が成功する確率は、紛れも無くゼロです。

ひかるとガー助が営む「鳥屋」はこうして始まった。名も無き自動人形だったガー助が、その名を得た始まりのエピソードがついに語られる。『FBSP』掲載の古科学者失踪事件を追う喜一郎の短編や、ふたつのガーゴイルの邂逅の物語などを収録した、これがホントのシリーズ完結編、登場。

最初と最後のエピソードだけでも十分お腹いっぱいですね。喜一郎が絡んだエピソードは、やっぱりガーゴイルというシリーズの雰囲気とはやや浮いてる印象があるので、それを含めて、最後のエピソードでまとめてくれたのは気持ちが良かったですね。

そういった意味では、『ガーゴイルおるたなてぃぶ』のタイトルが付いていますが、本編のエピローグ的な位置づけで読んでも楽しめる一冊ですね。ガーゴイルとガー助の出会いだったり、それぞれのシリーズの主役なひかると双葉の共闘だったり、こういうノリこそがこの作品の素敵な部分だったと思います。

ふたつの物語が絡まり、ひとつになり、共に楽しい時間を過ごしていく、そんな未来を空想したり、見てみたいと思ったりしますが、とにもかくにも、これでガーゴイルという物語のシリーズはほんとうに幕。

最後の最後がこういった夢のあるエピソードで締めくくられて、何より。楽しませてもらえたなあといった感じです。

hReview by ゆーいち , 2009/02/08

ガーゴイルおるたなてぃぶZERO

ガーゴイルおるたなてぃぶZERO (ファミ通文庫)
田口 仙年堂
エンターブレイン 2009-01-30
Amazon | bk1
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ガーゴイルおるたなてぃぶZERO

Still quiet here.

Comments are closed.