やってきたよ、ドルイドさん!〈2〉

このページは約 2分15秒で読めます。

stars よかろう――私がふつーの女の子だということを、夏穂に思い知らせてやる!

数多の動物を引き連れて私立森野学園に転入してきたシャレイリア。ドルイドである彼女の常識外れの行動に驚かされつつも、クラス委員長である夏穂はシャレイリアとの学園生活を楽しんでいた。そんなシャレイリアと愉快な仲間たちに、またもや次々と襲いかかるトラブルとは……?

百合百合ぃ~!!

この作品、主人公が女の子の夏穂だし、相方となるのも女の子のシャレイリアだから、恋愛方面に発展させるのはどうなんだろうなあと思っていたら、夏穂がぶっ壊れたと思うくらいに百合娘と化していて吹いた(笑) いやぁ、どこにだしても恥ずかしくない百合っ娘に育ってくれて、いやはや。

そんな夏穂の視点から見たシャレイリアは当社比120%じゃ収まらないくらいの美化具合で、もう、夏穂のシャレイリアぷりちー! ぶりがこれでもかと伝わってくるのが微笑ましいのですが、一歩間違ったらどん引きする行為もあったりして、何ともはや戻れない場所に辿り着きつつあるような……。

短編構成になってるので、ギャグあり、シリアスあり、ちょっといい話ありと、それでも暗くならない方向に、テンション高めで突っ走ってますねー。闇鍋の話は笑わせてもらったし、温泉旅行の話はサービスシーンとそれを上回るアレなシーンの対比がある意味素晴らしいですよ?

そして、何より最後のクリスマスのお話が、正統派すぎるくらいに夏穂とシャレイリアの百合フラグを立てまくっているような。夏穂のドキドキと、そんな気持ちを知らないで自然にスキンシップをするシャレイリア。恋心に無頓着なシャレイリアに、届けこの想い! ばりの攻勢に出られるかどうかは夏穂の性格からすると照れで誤魔化しそうな気もしますが、幸せになってほしいなあとか思うのですよね。

hReview by ゆーいち , 2009/03/21

やってきたよ、ドルイドさん!

やってきたよ、ドルイドさん! 2 (2) (MF文庫 J し 4-2)
志瑞 祐
メディアファクトリー 2009-02
Amazon | bk1
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to やってきたよ、ドルイドさん!〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.